2010UJ06月号SBR感想 『#59 女神の嫉妬』

| 2010.08.26 (Thu) 2:40 AM | [SBR感想] | ←前■TOP■次→ |
勝利の女神は誰に微笑む――!?

 

前号まで
伝説の「騎兵の回転」で、多次元間を移動する能力を持つ大統領を遂にとらえたジャイロ。勝利したかに見えたが、何と大統領は生きていた…。完璧と思われた「騎兵の回転」にミスがあったのか…? それとも――?

表紙

ルーシーの体面を再び吉良空間のスキマが走る。それを背後に据えながら、手元に戻った鉄球を見るジャイロ。アオリには、「何かに気付いたジャイロ…!?」の文字が。戻った鉄球に、大統領が再び立ち上がった理由が示されているのか。ジャイロ vs. ヴァレンタイン大統領 最終決戦。刮目せよッ!





本編

第三者となるジョニィが現状観察。そのジョニィからも、大統領が半分だけ年をとった、という旨のセリフが。ジョジョにおいて老化現象は時たま出てくる現象ですが、大きく分けて二つのパターンがあります。ひとつは、生物的な老化現象。細胞そのものが衰退するパターンで、グレイトフル・デッドがそう。もう一つは時の加速による自然現象。部分的に時間が加速され、その分老化が進むパターンで、これはメイド・イン・ヘブンが相当します。さて、今回はどちらなのか。重力子が絡んでいることを鑑みると、やはり時間の加速が原因ではないかとぼくは思っておりますが。…ていうかその前に、これが大統領の真の姿(真の年齢。魂的な。もしそうなら加齢ではなく能力効果解除という話になってくる)ってことはないよね? 平行世界に行っても時間軸・時空は同じで、若い肉体と入れ替わりが可能というわけではないはずですし、もし可能なら不老が実現するのでルーシー孕ませようとしてた説明がつかない。(サカッてた以外に)
でも、大統領単独で永遠の繁栄が可能なら、強いものが世界を手中に収めて支配すべきという論理もあながち否定するものでもないなあ。専制のデメリットは世代を経てもその卓抜した支配力が維持できるかどうかだからなあ。ラインハルトさまがフォーエバーなら、ローエングラム王朝に問題はほぼなかったわけだし。



閑話休題。

漫画の方はここで見開きの大ページ。遠方で対峙する大統領とジャイロ、そこへ手前から向かうジョニィ。空は陰り海面も巻き上がり、遠近感までもが崩れる天変地異の一場面なれど、ぼくはジョニィが鐙に脚を掛けている事に改めて注目してしまった次第。これぞ人馬一体。ていうか、今まで鐙なしで騎乗してたこと自体が驚愕なわけだが。しかしこの一枚絵は絵画でもありそうなスゴ味を感じたぜ。


歩を進める大統領。自分が絶対安全ではない事実が確実に判明してなお、威圧感と共に前へ出る大統領にボスの風格あり。この時点で既に布石は打たれているとしてもある種のスゴ味がある。歳をとった風体もその演出に一役買っている気がする。さらにこのへんは、ジョニィが知りえずジャイロと大統領の二人だけが掴んでいる状況を踏まえて読むと、対峙する二人の行動の一つ一つ、表情のワンカットに奥行きがでますね。ジャイロの覚悟が、見える。

対する大統領は、偶然をも味方につけてここからはほぼ計算ずくで最善の手を打てる自信からか、やや余裕の雰囲気。この、「危険要素もあるにはあるけれど、絶対的な優位からくる余裕」がある点が、読者的にはいただけないところでもあったりする。大統領の器も認めるけど、やっぱし圧倒的優位空間に身を置いているところに、読み手としては肩入れできない雰囲気を醸してる。まあ、大統領は能力をフルに使っているだけで何も悪くなく、逆にここでホイホイ外に出てきたら「お前何やってんだよ」ってなるとは思うけど、大統領が追い求めていた「人の尊敬を受ける」戦い方ではないのかもしれない。何というか、立ち向かう姿勢ではないのがネックなのだろうな。ま、この価値観はジョジョ信者的なものではありますが。スゴ味はあるんだけどなあ、大統領も。やっぱチート過ぎるんだよな、D4Cが。


この後、ジャイロに対して、心臓へ向かう銃弾の傷をルーシーから出ている『光のヒビ』の中へ入れろと勧めるのも、大統領の邪悪さが強調されるエピソード。代わりにどこかの誰かがおっかぶってくれる事を理解したうえでの発言だから、大統領のスタンスは尚更強調される。人類全体という俯瞰で見れば確実にこの世の真理を突いているので説得力もあるのだけど、人間の成長を讃えるジョジョのサーガとしては「てめーさえがよければいい」というこの大統領の言動は看過できない代物です。大統領の言っている事は、ある意味この世の真理。だがしかし、納得はできない。そして…


ジャイロ:「ジョニィ!『LESSON5』だ…そう…確か」
ジャイロ:「次は『LESSON5』だ」



LESSON幾つ目かマジで忘れてた件をネタとして再復帰させた!…わけではなく、ジャイロの覚悟。と、その意志の継承。キズから手をどけたことで、その重さが、これから起こるであろう尊い悲劇が、われわれ読者に突き刺さる。





ジャイロ:「オレはこのSBRレースでいつも最短の近道を試みたが」
ジャイロ:「『一番の近道は遠回りだった』」
ジャイロ:「『遠回りこそが俺の最短の道だった」




ジョジョ読者であれば、アバッキオの先輩警官の言葉がフラッシュバックするところかと思います。が、あれとは少し意味合いが違うかもしれません。「俺の最短の道」ってどういう事か。ジャイロにとって最短の道とは、それはやっぱり「納得するに至る事」だと思います。近道は時間的に短縮できても、納得するには至らない。なんだかんだで遠回りしてきたからこそ、見えたものがある。それが大統領の邪悪さであり、大統領をここで阻止しなくてはいけない使命。そして、どうやら自身は途中で斃れる事になるが、それも納得済みである事を伝えたのではないかとぼくは思うのです。ジョニィなら伝わり、必ず継いでくれるであろう確信を持って。たとえこれから身が滅びるとしてもそれを継承できる誰かがいれば、それは幸福と言えるのではないか。そんなふうに思えてなりません。ええジョジョ紳士ですとも。ウィル・A・ツェペリ男爵から受け継がれるツェペリ魂。運命を受け入れ、覚悟し、立ち向かう姿はどうしようもなく誇り高いですよ。ですよ。うおォン。



そして激突。ジャイロの黄金長方形による無限回転エネルギーは大統領&D4Cに届いたのか。

否、ジャイロの『技術』は大統領のトレードマークを奪いこそしたものの、致命傷には至りませんでした。それは無限回転エネルギーがD4Cまで到達しないものであったのではなく、「完璧」ではなかったから。大統領の一手とは、次に放たれる鉄球の回転が完全なものではないと知っていたこと。先の攻撃時にジャイロの鉄球は「ルーシーの光のスキマ」上を偶然通過しており、その際に鉄球をほんのちょっぴり削り取っていたのです。そのため鉄球は『楕円球』となり、故にその回転も完全なものではなくなっていた。だからこそ大統領はその攻撃から2度の生還を果たしたのです。そこで大統領がしきりにアピールする「女神の存在」。ルーシーの存在が最終的にどちらの利になったか、要するに運命がどちらを勝者として選んだか。ルーシーの存在はジャイロに大統領の位置を示してくれましたが、大統領へはジャイロの攻撃を不完全なものとした事実。それが計算ずくではなく、それが偶然起こった事だからこそ絶対的な勝者だとアピールする大統領の言い分は絶対的な大義名分を突きつけているようで、改めて世界の秩序と戦っているような感覚が芽生えます。真の強者は戦わずして勝つものだけど、大統領を取り巻く状況にはそれに近いものがありまする。
ジャイロの女神論もここでお披露目&リンク。ジャイロが女性を馬の背に乗せなかったのは、既にそこは勝利の女神様が鎮座されているからであり、女性を乗せる事によって女神様がそっぽを向いてしまうからというジンクスでした。確かにいろんな意味でルーシーはジャイロにとって疫病神であったのだけど、それらもすべて折り込み済みで納得して見捨てなかったジャイロの人間性が垣間見えてとても良いと思います。
ジャイロは女神の存在を、人知の及ばない、納得のできない事柄が起こった際に自分を納得させる要素として信仰していたのだと思うけど、やもすれば責任転嫁や思考停止に見えてしまうんじゃないかと少し心配しました。だけどジャイロはそういうどうしようもない要素がこの世界に確実にあるものと認識した上で、そいつを呼び込むための努力をするという、人事を尽くしまくるタイプなんですよね。見方によっては神頼みなんだけど、神頼みにもベストを尽くすというか。ここも行動原理は『納得したいから』にあるわけです。
そのジャイロがジンクスによる「納得」を捨て、自分の考える「納得」を優先した結果がルーシーを助けるという行動に繋がっていて、その結果が敗北であったとしても自身は納得済みの行動の結果なので後悔というものはない。だから、一連の穏やかな表情に繋がってるのだと思う次第。むろん、プラス、ジョニィへの遺志の継承を済ませた安堵感や達成感もあるでしょうね。

ジャイロの表情


鉄球が楕円球である事を認識しその後の不利を理解しているが、納得のいく行動の結果なので後悔はない表情


大統領の言葉を受け、己の正義を改めて確認し、自分の判断に対しての納得を強めた表情


全て納得済みで、どのような結果でも受け入れた表情




で、ジョニィですよ。
先に言ったとおり、世界の理のような大統領の能力と運命さえもそれに味方する絶望的状況下。そこで唯一の仲間であるジャイロの死を目の当たりにしてこれから立ち向かうジョニィの精神力マジはんぱねえ、さすが漆黒の意志持ちスゲエなーと思いながら読んでたら、ものっすごいヘタレてましたジョニィ。まさに「胃がケイレンし胃液が逆流した ヘドをはく 一歩手前さ!」の強化版とも言える過呼吸っぷり。なにせ走馬灯走ってましたからね、ジャイロの。この走馬灯は読者サイドとしてはヤバい。泣きそう。レース色全開の頃の盛り上がりようはすごかったなとか、「妙な期待をオレにするな」がLESSON1だったんだとか、いろいろ思い出しちゃう。それにしてもこのジョニィの一連のアップはジャイロを失ったショックやらなにやらもあるだろうけど、ジョニィの絶望っぷりがもの凄く伝わってくるカットでした。アレッシーやチョコラータあたりがスゴク喜びそうな表情。
果たしてジャイロの遺志を継承して、立ち直り覚醒するのでしょうか、というところで To be continued...!





戯言1:クマちゃん

ジョニィによるジャイロ走馬灯の一幕に、クマちゃんの腕がもげて愕然とするジャイロにフイタ。その後あっさり捨てていくのにな…クマちゃん!



戯言2:ページ、コマの切り方

SBR全般というか、特にこのクライマックスでなのだけど、見開きページ跨ぎなどを気にせずにダンダン!と割るコマ割りが目立ちますなあ。本の構造を超越してるというか電子書籍(画像データ)向きというか。ぼくはUJ掲載分を保存してるんですが、切り取りながらそんな風に思いました。



出典) 『STEEL BALL RUN』 荒木飛呂彦/ウルトラジャンプ・集英社

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

SBR感想一覧

コメント

取るに足らない些細な疑問ではありますが、大統領以外の人間が『光のヒビ』を利用出来たりするものなんですかね?
D4Cを持つ大統領でなければ利用出来ない、みたいな事を前に言ってた様な気もしましたが。
まあ、仮に出来たとしても、ジャイロの性格を考えればそんな事は出来ないでしょうし、もし実行に移したとしても、アンダーワールド戦の時みたいに、どこかの誰かに傷を移した事への罪悪感で心の弱ったジャイロなら簡単に仕留められると踏んだのでしょうけど。
さすが大統領、えげつない。

しかし、相変わらずジョニィはイケイケの時は物凄く強気ですけど、ちょっとでも躓くと途端に弱気になりますね。
心の支えを失い、この絶望的な状況下でもしっかりと前を向いて歩き出せるかどうかが次回の焦点になりそうです。
ナルトは過呼吸で、ブッ倒れてた訳ですけども。

それにしても、今回のサブタイトルの『女神の嫉妬』ってのが良いですよね。
ジャイロの敗北の原因ではあるのだけど、最後まで読まないと分からない、と言う辺りが実に良いのですが、UJ限定なんですよね、コレ。
個人的には、21巻のサブタイトルでも良いんじゃあないかと思うくらいに。

越後屋さんこんにちは。
SBR感想、たまりにたまって全くやる気がおきません。困ったものです。


>大統領以外の人間が『光のヒビ』を利用出来たりするものなんですかね?

これですが、「現象」自体は万人に影響するものだと思われます。不幸がどっか飛ばされるという現象は、ヒビに触れれば起こる現象なのでしょう。そもそもキズが移動する現象自体、ヒビの余波ではないかと。D4C限定なのは、吉良空間に入り込む事だと思います。このチート技が使えるのはD4Cのみなのは間違いない。


>『女神の嫉妬』UJ限定

え、マジですか? おかしいな、ちゃんと見てたつもりだったが…うっかりしてたよ。確認してみます!
ヴァルキリー(戦女神)という馬の名前だったんで馬自体が女神ポジションかと思ってましたが、少し違いましたね。


ところで、「メガマン ユニバース」について、何か一言お願いします。

ロックマンのゲームが出る事はとても喜ばしい事なのですが、タイトルにメガマンと入るだけで途端に胡散臭くなる不思議。

実際問題、メガマンのパッケージイラストとか見ると、ロックマンが筋肉質になってたり、ロールちゃんがケバくなってたり、ライト博士に至っては波動拳とか撃てるんじゃあないかって位にムッキムキですからね。
アメリカ人のセンスは良く分からんぜよ。


現状ではまだそれ程情報が出て来てないので、どんな風になるのかは分かりませんが、初期のロックマンから携わってるイナフキン(稲船敬二氏)が関わってるので、かなり期待が出来る所ではありますね。

と言うか、一番の問題は対応ハードがPS3とXBOXの二択という点。
どっちも持ってねえ………
まあ、買いますけど。

私は『ロックマンを遊ぶ為』だけにハードを買っている!
それ以外の事などどうでも良いのです。

No.5さんこと、arabakiさんから貰った情報動画です。

http://blog.esuteru.com/archives/861155.html


キャラの顔と1upアイテムの顔が違うのは、ギャグなのかなんなのか。
リュウとか普通にでてくるようなので、ライト博士も波動拳とか撃てると思います。でもそれだと剛拳だとおもいます。