2008UJ11月号SBR感想 『#42 不可解の連鎖』

| 2008.10.31 (Fri) 11:39 PM | [SBR感想] | ←前■TOP■次→ |

フィラデルフィア
アメリカ生誕の地で

何が起こってる!?

 

前号まで
突如襲撃を受けたジョニィは、重傷を負いながらも排水溝に逃げこんだ。ジャイロは現場近くにいた複数の目撃者から犯人の手掛かりを得ようとする。だが、それぞれた別の犯人を示唆。不可解な状況を解く鍵は何なのか!?





鉄球がなにかの果実のようだ


ファッション雑誌が元ネタなのだろうか

今、オレだけがSEXY!!



みたいな感じのジャイロが表紙と中表紙を飾っております。多めに見てやってください。今回、出番これだけなんですよ、主人公。

さて、今回は大まかに3つのパートでの構成されています。ひとつ目はあの方の具体的な由来と背景。ぼくは聖書をちゃんと読んだことがないのでどこまで正確に投影されているのかわからないのですが、イエスの復活、その後東へ向かったことが描写されました。このとき、アリマタヤのヨセフに地図と意味深な言葉を残しています。


『物事は円』―
『回転したならば』―




地図はSBRレースの根幹となっているものですが、言葉に関しては初出。これはキーワードになってきそうです。無限のパワーへのカギでもあるわけですが、運命の螺旋という意味もありそうな雰囲気。歴史のリフレイン。復活の時。でも、同じ軌道を描くわけではないのが、螺旋の轍。お、オサレ発言しちまったぜ(笑)

その後イエスは東へ進路をとり、東の最果ての地から船で海へ漕ぎだしたそうな。この辺りからのエピソードは、諸説ある伝説をモチーフとしてるみたいですね。イエスが復活後、シルクロードを通って日本へ辿り着くという話は聞いたことがありますよ。青森の新郷村(戸来村)にキリストの墓があるっていうミステリバラエティだったかな。ちょっと調べたら、ベースは竹内文書というものみたいです。うわ、スゴいなこれ面白そう。ともあれ、そういった諸伝説をモチーフにしてるみたいですね。歴史大河ファンタジー要素全開になってきました!

太平洋を越えて(!)新大陸に渡ったイエスは残りの生涯をその場所で過ごし、「あなたにまた会いたい」と願う人々を残して身罷ったのです。その後大地は割れ大気は荒れ狂い、この時に遺体は9つに分断、腐る事のない遺体はそれぞれが鳥や動物、樹木や流砂によってさらに東へと運ばれる事に。遺体のパーツが狼の体内や樹木の中にあった理由もここで説明されましたねー。それにしても、一緒に住んでいた土地の人たちはとんだ天変地異に見舞われた事になりますね。今際の際に立ち会えたのだから幸せなのかもしれないけど、巻き添えを喰ったとも言えるんではないだろうか。

そしてその遺体は、訓練中に死にかけていた若かりし頃のファニー・ヴァレンタインに拾われ、彼は一命を取り留め、その奇跡から残りの部位も集める事を宿命と感じたのです。この観点からすれば、大統領の遺体収集は利己的なものではないように見えますね。まあ、元々国益のためにやってた節もありますし。ともあれ大統領もパーツを自分のために集めているのではなく、あの方の復活を目的としているぽいですね。やはりポイントは『あの方の復活』という事になりそうです。



2つ目と3つ目のパートは、それぞれ独立宣言庁舎前付近 16:05 PM ウェカピポ視点とDio視点。それぞれの動向が分かって分からなかったところも少しずつ明らかになるのですが、余計分からなくなる部分もあるので全体で捉えてみる事にします。いろんな矛盾もあって、個別に追うよりもさらに混乱してしまうかもけど、やるしかないんだぜ。なお、細かい建物の位置は適当です。独立宣言庁舎の位置は勿論、公園の全体図すら妄想です。そこんとこ、よろしく。

というわけで。独立宣言庁舎前付近 16:05 PM です。

■シーン1


ウェカピポはジョニィ&ジャイロを確認するも、敗北色濃厚な彼らに積極的に味方する気はない模様。チャンスを伺いながら、Dioを追跡するウェカピポ。この時点で既に「馬で移動中のDio」と「独立宣言庁舎前のDio」がいる事になるんですが、若干のタイムダグがあるとして辻褄を合せる事にします。

ざっと整理すると、Dioは独立宣言庁舎へ向かい、ウェカピポはそれを追跡、その姿をジョニィ&ジャイロも目撃してます。チョコレイト・ディスコは移動中か独立宣言庁舎を出たくらいで、大統領は庁舎内。そんなところでしょうか。


■シーン2


そして2枚目。Dioは独立宣言庁舎へ到着、警備兵の衣服を剥いでいる最中で、ウェカピポはチョコレイト・ディスコとすれ違ってる頃でしょうか。ジャイロとジョニィはDioを殺す殺さないでケンカ中。


で、この後あたりからがややこしくなってまいります。ジャイロがDioを追い、ジョニィはそのバックアップをしている場面です。警備兵Dioと大統領のやりとりはまだ描写されていないので割愛しますが、大統領は別の場所、公園前でジャイロに接近、そして反対側からはチョコレイト・ディスコが迫ります。ウェカピポはDioを追って独立宣言庁舎の方へ行っているはずなんですが、状況から判断するにジョニィの近くにいる事になります。あああ、もうよくわからん。「公園の方にオレを誘ったな?」ってウェカピポ言ってるから、Dioが公園方面に誘導したのか?? いやしかし、タイムラグがあった事にしてるけど、Dioは独立宣言庁舎の前で着替えたり待ち伏せしてるはずなんだ。余裕なんかあるわけないんだけどなー。


■シーン3


ウェカピポが背後から襲撃を受けます。相手は一応大統領って事にしておきましょう。ウェカピポは「壊れゆく鉄球」で対応。左半身失調、マジ強ェーー! スタンド使い相手に全くヒケをとってないぜ。相手はひるみ、そこを落ちていた銃で反撃。するとその相手はジョニィだったという展開。何がなんだかわからない。
発射した弾数やちょっとした言葉のやりとりの辻褄は合うものの、弾丸を発射するタイミングやジョニィへのトドメなど、シーンとして噛み合わない部分も多々見受けられるこの場面。マンガとしてテンポを重要視したのかもしれませんが、ジョニィの「よくも…このスタンドは…」発言や、犯人の「とりあえずこれでジョニィが消えた」発言の整合性がとれていません。
ジャイロは銃声の後駆けつけようとしますが、チョコレイト・ディスコが能力発動。戦闘へと移行します。ジャイロに近づいてきていた大統領らしき人物はここで木陰に身を隠します。ウェカピポの背後から攻撃したのが大統領だとすると、複数の大統領がいる事になります。ジャイロに接近してきていた大統領がジョニィにしか認識されていなかったぽい事を考えると、そこに秘密がありそうですが、皆目見当もつかないぜ。


■シーン4


ウェカピポが双子の女の子に目撃されました。路地に身を隠すウェカピポ。ジャイロ視点だと、ここでジャイロと目があったはずですがその描写はウェカピポ視点では描かれませんでした。ジャイロはそのままチョコレイト・ディスコとガチバトルに突入です。ジョニィは排水溝に退避し、路地に潜んだウェカピポは背後からDioに声をかけられる事に。えぇ? ここでDioか…。しかも騎手服で馬に乗って。まあDioは早着替えが可能なので全然間に合うかもしれませんが、大統領の暗殺はどうなったんでしょう。それは来月号を待つしかないんですが、繋がってるのかどうか、非常に怪しくなってきましたね。。。 Dioはウェカピポの一連の動きも見ていた節がある(ちょっぴり生きてる方がふさわしいとかなんとか言ってる)ので、だいぶ前から近くにいた可能性もあります。独立宣言庁舎前の事を無視すれば、後述する「不定の発言者」がDioである目もありそう。ていうか、ウェカピポ誘致の理由もその方がしっくりくる。Dioにも「カモフラージュできる」という要素が出てきたので、見た目で判断すると痛い目に遭うかもしれません。



このあとはジャイロがチョコレイト・ディスコを撃破し、公園で目撃者の証言を集め、「藪の中」(芥川龍之介)的な展開に突入していくわけですが、ここまでの時間経過が8分間。まさしく不可解の8分ですよ。全ては大統領の能力の謎に繋がるのですが、一応それ以外の謎についてもまとめておきます。

 

Dioを追跡する者

ジョニィによると、Dioを馬で追跡している人物がいるとありました。足跡で分からないのだから、HPやポコロコといった既出のキャラではないはず。Dioを追っている勢力はジャイロたちをはじめ、ウェカピポなど結構多いですが、普通に考えれば大統領一派という事になりそうです。大統領自身が追跡しているわけじゃないでしょうから手下という事になり、一連の不可解な出来事も、新キャラによる新能力の可能性が浮上してきました。遺体を回収するため、Dioは大統領自身が対処すると思われますが、ジャイロ&ジョニィ、ウェカピポの始末は部下に任せてもおかしくないかも。

不定の発言者

ジョニィが瀕死で排水溝に逃れた後、襲撃者が漏らした一言ですが、これを言ったのはウェカピポではないっぽいです。ついでに言えば、足で踏みつけてトドメを刺そうとしたのもウェカピポではありません。



「足が動くのか」まではウェカピポ。しかしその後は別の人物である可能性が残っています。これが別の人物だとすると、発砲したのもまた別である可能性がありますが、そのあたりが真実かもしれません。




大統領の謎に迫ってみよう

キーとなるのは、やはりファニー大統領のスタンド能力。微かに片鱗は見えるものの、その実態は未だ謎のまま。しかしここに少しでも明かりをあてないと不可解のままなのであります。暗闇の荒野に、進むべき道を切り拓かねばならないのです。と意気込んだものの、山を登るときルートもわからん、頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なので、現時点での情報をまとめてみました。無茶だと分かっていても、そろそろ感想サイトとして避けられなくなってきたのでやってみますよ。抜けもあると思うけど、それはコメントとかで書いてくれると助かりますぅ。


◆大統領の謎・特徴

1,過去のヴィジョンを見ることができる?
2,物質に潜行(透過)する。
3,致命傷でも傷が治る。
4,細い樹の陰にも身を隠す事が出来る。
5,ウェカピポにジョニィを撃たせた。
6,足でマンドリンが弾ける。
7,決断が早い。
8,心が広い。変態を惹きつける。


◆出来ない事

・裏切り者が誰だか分からなかった。
・ルーシーに後れをとった。(サカってたから?)

これを踏まえて、妄想全開で推理してみました。

妄想仮説その1 空間歪曲能力

ひとつ目は空間を歪める能力。床に潜ったり樹に隠れたり、今回のウェカピポの一件(いつの間にかジョニィがいる場所へ移動していた)があるので、なんとなくそういう力はあるんじゃあないかと感じた人は多いんじゃなかろうかと思います。

列挙した謎の中で、この能力で可能なものを挙げると、2、4、5、応用によっては6といったところでしょうか。空間歪曲は伏線と言ってしまっていいのかどうかわからないんですが、一応ジョニィが黄金の回転により小型ワームホールの生成に成功しています。あれとカチ合う能力という線はそこそこあるんじゃないかと思います。なのですが問題もあって、大統領ってドアの向こうでグダグダやってる事が多いんですよね。最近ではルーシーが逃げ込んだ遺体部屋もドアをブチ破って入ってました。空間歪曲できるならスッと入っても良さそうなもんです。そして、言っちゃなんですがインパクトが弱い。ラスボスのくせにシャバい能力です。いや、空間歪曲はスゲエ事なんですがラスボスってショボい能力を工夫でどうにかするようなタイプではなく、時間を止めるとか、時を戻すとか、時を加速させるとか、スタンド能力をDisc化させるとか、聞いただけでそりゃスゴイってなるような特別なものなんですよね。伏線とか言っておいてなんですが既にジョニィがやっちゃってるし、何よりジョニィは技術を+αさせる事でそこに到達してるんですよね。スタンド能力というトンデモ能力がそんな簡単に比肩しちゃっていいんでしょうか。…とはいえ『壊れゆく鉄球』なんてトンデモ技が出てきてるんで比肩しちゃうかもしれませんが、例え空間歪曲能力があったとしても片鱗に過ぎない気がします。そうあって欲しい。もちろん、ただの空間歪曲能力(「ただの」ってのもヘンですが)に応用を利かせてステージアップを果たしている可能性もありますね。,br> ともあれ、ひとつの意見としてこの「空間歪曲能力」を挙げておきます。

妄想仮説その2 時間編集能力 feat.越後屋

ふたつ目は、時間編集能力。ロックマンライブへ行った時に越後屋さんとSBRについて話したんですが、その時に話題になった彼の見解です。任意の制御時間内であれば、その時間域内を大統領自身が自由に行き来する事が可能になり、さらにその時間域内であれば発生した事象を切り貼り(編集)する事が出来るというもの。聞いていた感じだと万能過ぎる印象ですが、発動のタイミングが難しそう。あと、編集するという事は事象の把握をしておく必要があり、その点が難儀かもしれません。というか、事象の把握の能力だけですんげえ強い気がする。

他にも並行世界への干渉など、色々な考えを聞かせていただきましたよ。ぼくが全く説明出来てないので伝わらないかもしれませんが、コメントとかで補足されるかもしれないのでぼくからはこの辺で。(いわゆる一つの丸投げですw)

妄想仮説その3 光操作能力

最後は、ぼくが散々悩んだ末に こじつけた 辿り着いたのがこの光操作能力。最初は多数の異なる目撃例から、彼らは異なる時間軸の映像を見ているのではないか、という見解からでした。部分的な時間操作かもしれないとも思いましたが、それはいくらなんでも難解すぎるし、そんな能力ならわざわざ誤認させる為だけにやる必要はなさそうです。要は、認識に時間差を出せば良いのではないか。目撃というのは、光が目に入り、網膜に投影されて、それを視覚野が認識して初めて達成されるものです。光が到達するのが遅くなれば、それだけで認識は遅れる事になります。今夜空に輝いている星の瞬きは現在のものではない、って言うじゃないですか。それと同じ理屈で、銃声がした後皆が振り返った。音はそのまま伝わりましたが、その時その現場での映像(光)は同様に伝わっていなかったのではないか。双子の女の子はリアルタイム、ガキどもは30秒前、じじいは1分前、という具合に。まぁ、それをするなら大統領自身の姿を見せる必要は全くないんですが!

少々の疑問はスルーしてこの考えを突き進めると、面白い事になってくるんです。ぼくもうろ覚えやら急拵えの知識なんですが、これを発展させると時間操作が可能になってきそうなんです。アインシュタインの時間解釈が入ってくるんですが、この解釈では過去、現在、未来が同時に存在している事になります。過去、現在、未来が同時に存在する時空連続体の中を、ぼくらが光の速さで走っていて、その速度帯が「現在」になっている。その辺からぼくの独自解釈なんですが、この速度を変えることで現在からずれ、同時に存在する「未来」や「過去」に行けんじゃないかなと。光速度に干渉できる能力は、そのまま時間操作に繋がるんじゃあないかとヒラめいたんですよ!

まあこんな難しい理論で説明せずとも、「認識」だけで説明できそう。つまり、通常の光速度で伝わる事を「現在事象」とするならば、速度を遅くしたものは「過去事象」、速くしたものは「未来事象」という事です。現在速度で伝わってくるものをAが認識し、それよりも速い速度で伝わったものをBが認識したならば、Bは未来の出来事を見ている事になりますよね。現在を見ているAにはまだ見えない事が、Bには見える。つまりそれは未来を見てるわけです。感覚的にでも伝わったでしょうか、ぼくの見解。伝わらなくても大丈夫です。たぶん、全然間違ってると思うので。そもそも、これじゃあ傷が治せないよ(´・ω・`)




今月は分からない事だらけで、感想はいつもに増して書きにくかったです。いつもはノリで書いてるのに、ノリで書けなくなったので考察もどきにしたらものすごく時間がかかりました。徒労に終わるのは目に見えてますが、色々と面白かったです。しかしマップ作りは気持ち悪くなった…。荒木先生の絵は向きとか結構適当だからな…。アヌビス神の鍔の向きのような事が、同様に建物や小物で描かれてたらもうお手上げです(´∀`))



ぶっちゃけ、『馬とお話できる能力』があれば、全ての謎は解明できるんじゃなかろうか。…いや、新たな目撃証言となりそうだから解決というわけにはいかないか。ヴァルキリーたちも声高に主張してきたら、それはそれでヤだしなあーー。
出典) 『STEEL BALL RUN』 荒木飛呂彦/ウルトラジャンプ・集英社

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

SBR感想一覧

コメント

や、私の方からは補足事項は特に無いですよ。
と言うか、私の案でも大統領が姿を現す必要性が全く無いのがネックになってきますけども。

まあ、いずれにしても大統領の能力は、物凄い凶悪な能力になりそうですね。
これに対抗するには、ジョニィ側もレクイエム的な能力を手に入れないと、対抗できなさそうですが。

一応過去の事例を見てみますと、奇数部ではジョジョが、偶数部ではラスボスが物語の途中で、新たな能力を手にしている場合が多いですので、最終的にジョニィが遺体総取りとなる可能性も無きにしも非ずと言う感じです。

第一部 ジョナサン………波紋法習得
     ディオ………石仮面により吸血鬼化
第二部 カーズ………赤石の力により究極生命体に
第三部 承太郎………DIOとの戦闘で時が止められる様に
第四部 吉良吉影………矢の力によりバイツァ・ダスト習得
第五部 ジョルノ………矢の力によりゴールド・エクスペリエンス・レクイエムに
第六部 プッチ神父………ホワイト・スネイク→C-MOON→メイド・イン・ヘブン
第七部 ジョニィ………タスク→黄金長方形の回転を習得→『無限の回転の最後のところへ』到達

そう考えると、現在ジョニィが行方不明なのは、ワームホールを利用して、独立宣言庁舎に向かっているとも考えられますね。
(でも、それだとジャイロを見捨てる事になってしまいますが、それだけ信頼してるって事で)

・追記
ついでにDioの追跡者の予想をしておきますと、意外な所でジャイロの祖国からの助っ人と予想しておきます。
まあ、この最終局面に来て新しい味方キャラってのもどうかと思いますが、ネアポリス王国とかローマ法王庁ならやりかねませんので。

こんにちは越後屋さん。

ぼくは、敵方も「完全体」になる可能性が多分にあると思いますね。越後屋さんのボス系図でも明らかですが、ボスたちは目指していたものに軒並み(ほぼ)到達しています。ゆえに、ここも大統領が総取り→完全体の路線は、避けては通らないのではないかと推測します。その方が盛り上がるし!

ちょうど架神さんが宗教学のお勉強中で、日記にそのまとめをわかりやすくのっけてくれてますが、そこにありました『神=無限性』という見解を用いると、「(神託を信じ)神(またはその復活)を目指す大統領」と、「回転から無限のパワーへの到達を目指すジョニィ&ジャイロ」とが繋がるように思えてきますね。そうか、ジョニィは悟りを開きかけてるわけなんですね、「無限性の感得」を地でやってるわけですから! 「漆黒の意思」は悟りの境地。自分をも捨て去る姿勢は、万物への平等とも取れるぜ。おお? いけるんじゃね?

そうなると、「汝殺すなかれ」も気になってくる。これはジャイロとジョニィで揉めてました。どっちが敬虔な信徒という事になるんだろう?