2008UJ09月号SBR感想 『#40 真の力(4)』

| 2008.08.31 (Sun) 11:57 PM | [SBR感想] | ←前■TOP■次→ |

始まるのは"戦い"か? "処刑"か!?

 

前号まで
ウェカピポが、ジャイロとジョニィが、そしてディオが、遺体争奪戦とレースに決着をつけるべく、フィラデルフィアに集結。不気味な静寂の中、戦いは既に始まっていた。様子を伺っていたジョニィが、いきなり撃たれたのだ…!!




まずは前号の状況の整理から。

フィラデルフィアでDioを見かけたジョニィとジャイロ。追跡を開始するとそのDioを追うウェカピポとも遭遇。ともあれ、手がかりの左眼球を持つDioを、ジャイロ前衛・ジョニィバックアップの体制で追跡する二人だったが、ジャイロに近づくひとりの男と路地の角から大統領までが接近!危機を知らせようとしたジョニィだが、その背後にも敵の手は迫っていた。顔面を拳銃で撃たれるジョニィ。撃った犯人は?敵は何人いる?!

と、そんな状況だったと思います。というわけで、始まってすぐ瀕死のジョニィ。しかしながらまだ息はあるようで、地面に這いつくばりながらも状況を判断しようとします。一方、けっこうのん気してたジャイロも銃声に気付いた模様。鉄球を印籠のように構え、接近する無精ヒゲを威嚇します。ついでに街路樹の影に隠れる人影も確認しました。どう考えても人幅以下の幹に身を隠しきるあたり、すでにスタンド能力ぽくもありますね。まあ、吉影も器用に木の影に隠れていたのでジョジョではお馴染みの描写なのですけども!

左頬から右頬へ貫通するキズを負ったジョニィ。ポッカリ開いた穴から呼吸する描写とか、ホントにそういうの好きだなあ荒木先生。
反撃を試みるジョニィですが、謎の狙撃者もさすがにそれは許してくれません。ひとの事指指すんじゃあねーぜ!とばかりに、タスクを撃とうとするジョニィを一手早い銃撃で制します。このとき、ジョニィの脚が動く描写、そしてジョニィが敵のスタンドを認識していた点は見逃せませんね。敵の攻撃手段は銃撃なので、どこでスタンドを確認していたのかはわかりませんが、少なくともスタンド使いであるようです。しかも既知の相手っぽいようなそぶりまで。一体誰だ??

ジョニィのいる物陰から続けて響く3発の銃声。ジャイロもダッシュで駆け寄ります。しかし足元には奇妙は幾何学模様が。振り返れば先ほどの無精ヒゲがおかしな事になってます。この時点で敵は少なくとも3人。どうでもいいけど、木の影に隠れているヤツはどう考えてもムリがあります。エニグマじゃあねーんだから。まあ、大統領なら床にも潜れるから平気だけどさ。

いくら脱メタボしたからって限度ってものがあります

一方、銃弾を4発も受けて瀕死も瀕死のジョニィ・ジョースター。敵もちゃんとトドメを刺しに来ます。この辺のキッチリさ加減が如何にもジョジョですよね。絶体絶命のジョニィでしたが、先ほど外した黄金タスクの弾痕がモノスゴイ勢いでジョニィの元へ走り、ジョニィのボディを黄金ワームホールへと誘いました。やはりこの黄金タスクはぶっとんでます。そのまま下水溝へと身を隠すジョニィ。しきりにジョニィの足が動く事を気にする謎の暗殺者ですが、ツッコむところはそこじゃあねーだろ。人体が渦に巻き込まれて消え去った事実を驚こうよ。ジャイロが今にも駆け寄ってきそうなのを気にするのもわかるけど、ジョニィの事がこれで始末がついたと考えるのは早計じゃあないか?あんな逃げ方をされて、戦慄を憶えないのだろうかこの人は。あんな躱し方されたら、最初の銃撃も効いてないかも!?ってぼくは思っちゃいますけど。

それにしても、馬たちは至近距離で銃声がしているのに落ちついたものです。サラブレッドとはその辺りも違うのかなぁ。考えてみれば、銃声気にするようじゃ軍馬には使えないですよね。

さて、ジャイロ。ジョニィの居た場所を確認すれば、そこには血痕と建物の影に身を隠すウェカピポの姿が。何故にウェカピポ?!あからさまに怪しいです。ヘンです。何がおかしいって、敵にしろ味方にしろ、ウェカピポがこんな軽率な行動とるとは到底思えません。あのMr.謙虚マンことウェカピポが、ボケッと様子を伺っているところを目撃されて慌てて身を隠すなんて、そんな三下のような行動を取ると考えられますか。だ、誰だねキミはコンチクショー!!

そんなジャイロの背後に迫る無精ヒゲ。鉄球ブン投げて先制するジャイロでしたが、ヤツが腕に付いたプレデターの自爆装置みたいなのを操作した途端、投げた鉄球がジャイロの頭上から降り注いだよ!続けざまに、ちょっとした杭ほどもある釘をバラまき、再び腕のパネルを操作する無精ヒゲ。するとどうだ…再びジャイロの位置に降り注ぐではないか。気配を察知し、一瞬早く移動を開始していたのでダメージは脚のみでしたが、あぶねー! なんだコイツの能力はー! どうでもいいですけど、ジャイロはよく脚を怪我するなあ。

無精ヒゲの能力は、足元に伸ばしたマス目の位置に任意の物質を飛ばす、というもののようです。瞬間移動先の二次元指定はパネルで指定するとして、三次元的な要素、つまり高さの出現位置はどうなのかとか、飛ばし元を選定できる射程距離はどの程度なのかとか、マス目に向かう運動エネルギーは重力に依存するのかとか、気になるところ満載の無精ヒゲの能力。どうでもいいですけ、ぼくはゲーム・影牢(PS、PS2)を思い出しました。カビンから始まる沙都子ばりのトラップコンボ!
ちょいと脱線しましたが、能力としては射程距離モロバレだし操作にはとっさの判断力も要求される、そして対複数を相手にするには向いてない、どちらかというとアシスト向きという印象の能力(とりわけ防御に向いてる気がする。パネルが左腕に搭載されているのとその操作に右腕が必要なので両腕が塞がるのもその要因)ですが、一対一では攻守共に主だった死角は見当たらない恐ろしいものです。そして、そんな敵が次の手に繰り出してきたのは液体劇物。雫を垂らしただけで地面に穴が開くという、エイリアンの体液も真っ青の劇薬です。わざわざ威力を見せつける無精ヒゲのSっぷりに、「やってみやがれ、いや、やっぱりやめろォォ!」とさしものジャイロもデレ気味タジタジのご様子。液体なので回避が困難極まるこの攻撃、ジャイロはどう対処するのか!?有無を言わさぬ急展開のまま、To be continued…!




さて、戦いの前に誰も一言も発さないまま戦闘に突入して二か月。ジョニィはイキナリ背後から撃たれてしまいましたが、この突然さがピリピリ感を醸し出していていいですよね。バトルの前に名乗ったりなんかしない。そういえば、SBRでは敵の名前を知るなんて事は極々僅かですね。パッと思いついたのはフェルディナンド博士くらいか。あと、リンゴォ。敵の名前を戦闘中に明らかにしないという事は、事前に敵の様子や過去回想を入れなければならないという事。これってなかなかないんじゃないだろうか。

それはとりあえず置いておいて、何故そういう話題を振ったかと言うと、今回のジョニィを撃った犯人が誰かを推測するヒントになると思ったからです。ジョニィを撃ったのは誰なのか。これを検証したいと思います。

もしジョニィを撃ったのが新キャラだった場合、ポッと出の初登場という事になります。いきなり撃つくらいだから今後も名乗る機会などないでしょう。主要キャラをいきなり大ピンチに陥れるようなキャラが、読者に名前も知らせずに撃退されるでしょうか。…まあ、最近ではイレブンマンズや、古くはケニーGのような再起不能後にギャグのように名前が出されたり、アラビアファッツのようにジョジョアゴでしか本体名が明記されないケースもありますが、それぞれギャグ演出の一部という側面があります。現在ドシリアスで進行中なので、勝手ながらそれはないとみます。

さらに、今回の敵が新キャラでないという予想の補強材料として、敵がシルエット描写という事があります。記憶に新しいシルエットキャラといえば、サンドマン。意外性を演出するためにシルエットキャラは描かれます。ゆえに、今回も既出のキャラという見方はごく自然と言えるでしょう。え、サーレー?…ああいたね、そんなのも。

というわけで、ジョニィを撃ったのは既出キャラです。異論はスルーします。で、既出キャラとするならば、それは一体誰なのか。本編を普通に読むと、有力候補はウェカピポになります。いろいろと挙動不審な動きをしており、怪しさ抜群です。

しかし、ここまであからさまに怪しさを演出されると、逆にウソくさくなってきませんか。ぼくはウソくさいと感じました。そもそも、ウェカピポらしくないミスが多すぎる。うっかり目が合っちゃって慌てて身を隠すとか、在り得なさすぎる。本気のウェカピポならそもそも正体バレないし、もし仮にバレたとしたらその場で口封じに来ると思います。

ていうか、そもそも何であんな場所にウェカピポがいたのか。ちょっと状況がわからなくなったのでマップを作ってみました。合ってるかどうかはわかりません。だいぶ簡略化してありますが、雰囲気が伝われば幸いです。


【ジョニィ襲撃前】




ウェカピポがDioを追って通過していったのは公園の奥の路地になります。それを追うために建物の影から追跡していたんですね。ていうか、大統領はジャイロの進行予定方向から堂々と接近してたんだな。さすがは大統領だぜ。
シルバーバレットに騎乗したDioが通過し、ウェカピポが徒歩でそれを追跡。それを確認したのちジャイロは追撃に移ったはずです。ジョニィと殺す殺さないでゴタゴタしてましたが、時間的にはそれほど経過していないはず。とすればです、ウェカピポが隠れるところを見られた場所ってのはちょいと遠すぎませんか。移動後のマップがこれです。


【ジョニィ襲撃後】




建物をぐるっと廻りこんだ位置です。ジョニィの背後なのだから当然かもしれませんが、この位置は遠すぎるでしょう。これはレッキングボール・スカイウォーカーモードにでもしないと間に合わないだろ。いや、レッキングボールならそんな移動も出来そうで怖いけれども。

ともあれ、ウェカピポがダブルスパイという線は、面白いと思ったけど薄いだろうというのがぼくの見解です。ではあのウェカピポの反応はなんなのか。それはもうさっぱりわかりませんが、ウェカピポ側から見てジャイロたちが認識できてるのかどうかが怪しげです。今回は共通の映像が各キャラに見えているのかどうかが疑わしく、そのあたりに大統領の能力が絡んでいるのではないかと妄想しています。ルーシーのブーツの描写で過去の映像を出力できるような感じだったので、そういうのを応用しているのかも。

ウェカピポ以外とするならば、ジョニィを撃ったのは誰なのか。ジョニィの脚が動くのを意外そうにしていたのでホット・パンツは除外となります。彼女は動かせること知ってるしね。スタンド能力に意外性があるようなので能力が明らかになっているキャラも除外という事で、イレブンマンズの男もパス。あとは、顔は知っているけどスタンド能力を知らなかった線という事でポコロコやノリスケ、そしてアンドレ兄さんが浮上。ポコロコはツキの月能力、アンドレ兄さんは磁界王なので、ジョニィがここでスタンド能力を目撃したとするなら状況的にそぐわなそう。消去法でノリスケが濃厚になりますが、先月の主要登場人物紹介に登場していないので弱いかなーと思います。

ならば誰なのか。残っているではないですか、彼が。そう、スティーブン・スティールその人ですよ!


…スイませェん、フザけ過ぎました。スティーブンはないですよね。動機はジョニィたちを始末すればルーシー共々許してやるとか、そういう方向でアリだと思うのですが、ルーシーと共にこの夫婦は一般人サイドだと思います。

結論として書きますと、ぼくはDioだと思います。結局元に戻ったというか最初のままなんですが、ここまで他へのフリがあった上で改めてDioっていうのは映えると思うのです。妄想を語りますと、恐竜の能力はやっぱし借り物で、ここにきて真の能力が発現したのではないでしょうか。ジョニィが「よくも」って言ったのも頷けますし、別の能力を目の当たりにしたのだったら「このスタンド能力は…」という驚きを含んだセリフもアリですし、サブタイトルの「真の力」というのにも整合してます。Dioならジョニィの脚が動かないと信じてるから、動くのを見て驚いたのも納得というもの。何故今更大統領と組んでるか、という最大の懸案事項が残りますが、盛大に棚上にブン投げるとします!イヤッホゥ!

というか、もしDioだったら追跡対象にいつの間にか背後取られて攻撃されたって事になるんですね。映画とかでよくあるけど、ジョニィたちの場合はかなりおマヌケだなぁ。殺す殺さねーでモメてる場合じゃなかった。逆に狙われてましたっていう。

出典) 『STEEL BALL RUN』 荒木飛呂彦/ウルトラジャンプ・集英社

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

SBR感想一覧

コメント

取り敢えず、私も展開予想をば。

やはり鍵となるのが先月号での、ジャイロが大統領の接近に気付かなかった事でしょうか。
ジャイロ程の者が、あれ程の接近を許す筈が無いと思いますので。

以前に大統領が過去の映像を見る事が出来る様な描写が有りましたので、今回はその応用でジョニィに過去の映像を見せていたのではないか、と。

そう考えると、ジョニィを撃ったのは大統領自身ではないかと予想します。

こんにちは、越後屋さん。
見えている世界が違うというのは、越後屋さんからお聞きした説でしたよね。言われてから、ぼくもそんな気がしてます。ウェカピポにしろジャイロにしろ、うっかりが多すぎです。…軒並み過大評価だったらどうしようって世界なのですが!

>過去分身の術
なるほど、エピタフの逆ヴァージョンを強制的に見せるという事ですね。これはまさに過去分身だぜ。で、自身の肉体は過去のものと入れ替えれると。ケガが治るのはこれで説明がつきますね。ついでに、老化していないのも説明つきそうです。拷問の傷が残っているのは謎ですが…。
そういえば、決断の早さというのも知りえない事実をリプレイして見れる事が関係しているのかもしれませんね。なんか、この能力的には『The Book』の自動筆記に似てるような、似ていないような…。

>犯人・大統領
それはあるかもですね。人物紹介にも当然いましたし!ジョニィの脚が動く事を知らない事実にも当て嵌まります。シビル・ウォーの時はどっちで銃を持っていたっけ…。左かな?フィラデルフィアでも左で撃っていたら濃厚になりますね。些細で荒木先生はそんなの気にしてないかもしれませんが。