2008UJ07月号SBR感想 『#38 真の力(2)』

| 2008.06.29 (Sun) 5:54 PM | [SBR感想] | ←前■TOP■次→ |

大国(アメリカ)を背負う男、

その“真の能力”とは!?

 

前号まで
ホット・パンツの能力で大統領夫人になりすまし、大統領のもとに潜入したルーシー。遺体奪還の隙を窺うも正体を見破られ、追い詰められたルーシーは大統領をナイフで攻撃する。だが、死んだかに見えた大統領は謎の復活を遂げ…!?




この星条を見忘れたたぁ言わせねぇぜ!


扉はどこのモデルですかという感じの後姿大統領。コメリカという大国を背負うイメージを示すかのように、背に刻まれた星条旗型の傷痕。そこはかとなくプレッシャーを感じるぜ。

冒頭は半裸のルーシーから。ジョジョでのポーズは基本的にセクシーだから、半裸だとそれが際立ちます。UJはスデに乳首解禁モードだしな!そしてやはりエロスはラインの変わり目にあるね。横チチ然り、下チチ然り、胸元然り、鎖骨然り、首筋然り、脇然り、脚の付け根然り(註:胸部に集中気味なのは中の人の仕様です)。しかし、萌えとは一線を画すタッチなのがジョジョ風味。そんな中でも片時もナイフを手放さないルーシーたん、警戒を解いていないとはいえ、戦う乙女はデンジャラス。
そうこうしているうちに目覚める大統領。ここで初めて大統領スタンドのヴィジョン発現。耳のあたりからでっかいツノが二本出てて、なんか躱すのとか大変そうだ。あまり肉弾戦とかは向いてないかもしれない。SBRではそんな戦いしないんだけど!





完全復活を遂げた大統領はルーシーの追跡開始。ブーツを囮に廊下へ逃げたように見せたルーシーだけど、ちょ、おま、それ靴を脱ぐ必然性が見られなくって、ブーツだけ置いてあるのが怪しすぎるよ!走りにくいとかならまだしも、そんなでもないブーツなのに。裸足での逃走は現実的ではないよ。靴は重要なんだよ。災害時には出口と靴の確保を確実に!でないとジョン・マクレーンみたいなことになるんですよ。
大統領もそう思ったのかどうかわかりませんが、スゴいシラけた表情をなさっておられました。


廊下でクツを脱ぐなよ

廊下に逃げたわけではないと考えながらもブーツを手に取る大統領。すると、その陰から素足のシルエットが。大統領の能力の一端のようです。これだけを見るとサイコメトリーに近いものを感じますが、傷を治したりしてる事もあり、やはり時間が絡んでそうな予感。掘り起こさなくてもいいアンダーワールドみたいなものかもしれませんが、まだまだ謎に隠されてます。

半裸のままナイフを足場に忍者みたく天井に隠れてやり過ごしてたルーシーたん。ブーツは囮にも使ったけど、脱がないとこの芸当ができなかったんですね。咄嗟の機転にしてはナイスな判断としておこうか。大統領が廊下に出ている間に遺体ルームに逃げ込んだはいいけど、そこは当然のように密室でした。それでも、ここに入った眼球が脱出のカギになると直感で感じ取ったルーシーはTURBO眼を探します。なるほど、いいセンスだ。

しかしそれも束の間、大統領はすぐに戻ってきて扉の前でプレッシャーをかけてくるのでした。スタンド能力は持っていない、HPの差し金だろう、など、ルーシーの状況をズバリ読んで、さらには自殺しないようスゴみまくる大統領。この追い詰め方がハンパない。半裸のクセにハンパない。部屋真っ暗なうえにドア越しだから余計怖い。半裸だから余計怖い。抵抗の結果訪れる報復をチラつかせて屈伏させようとする大統領、どこのヤクザですか。どこの半裸ですか。
でも、ルーシーがそんな事で屈伏するでしょうか。いきなり首にナイフを突き立てた女ですよ?マジでビビってる心も持ちながら、躊躇という言葉が滑稽に映るほどの攻撃性を併せ持つルーシーたん、リゾット風に言うなら「二つの事が矛盾してるぞおまえ」というヤツです。ちなみに、リゾット風ていっても料理の話ではありません。そんな心配は無用ですよね、うん。

話が大きく逸れました。ぼくの悪いクセです。大統領が自殺を禁じるのは、キリスト教で自殺が禁忌となっている事と関係あるのかなーとか考えてたらルーシーたんが暖炉で何かを見つけた模様。暖炉に何か隠されてるとかって、RPGやアンブレラ社絡みの洋館、もしくは浮遊城の末裔の家系にしかないと思ってました。が、そこにあったのは楯のカギでも火かき棒でもなく、ましてやロープが垂れ下がっているわけでもなく、9割方集まった聖骸でした。これはアレですか、暖炉→煙突→サンタクロース→クリスマス→イエスさんという連想ゲームなんですか。
あたりを包む目映い光。それを照射してるのは視神経が脊椎直結してる眼球です。そして映し出されたのはミイラ頭部のシルエット。え、これなんてホラー!?翼人までが登場して、むしろ、これなんてAIR!?って感じですが(なんか『受け継ぐ』というテーマにもマッチするのが怖い)、ここでついに神降臨なのか。神というよりは神の使いぽいですけどね。

これらのふしぎな出来事は一瞬だったようで、現実に戻れば大統領が宣言通りにドアぶっこわして入ってきました。どっかへ連れ去られたのかとも思われたルーシーでしたが、部屋の隅でガタガタ震えて命乞いをする心の準備OK?という様子で蹲ってました。


小便は済ませたか?神様にお祈りは?部屋の隅でガタガタ震えて命乞いをする心の準備はOK?


いや、誇張でもなんでもなく、リアルにそうでした。この分だと小便済ませてそうです。神様へのお祈りは、お祈りどころの騒ぎじゃなく未知と遭遇してましたけど。
遺体が見られたのかと思い、質問する大統領。いやいや、ルーシーたんはもっとえらいもん見ちゃってますよ。スタンドと同様だとすると、スタンド使えないルーシーたんには、仮にあの方が顕現しても見ることは出来ないんでしょう。それを前提にしての大統領の発言。まあ、大統領はルーシーの目的を遺体奪還と推測し、それに股間をアツくしてらっしゃるわけですが、なんかこの人、今その事しか考えてないっぽい。少なくとも眼球回収より裸にひん剥く事が念頭にあったわけです。何もしないけど、さっきのテーブルの上での続きは別とか、もうホントに言ってる意味がわからないw。寸止め状態ゆえだからかもしれないけどな!こんなトコだけ少年誌風味!そう思ってたらだ、唐突に孕みエンドと来た!孕みエンドはサンデーの特権なのにッ!本番一発着床完了ォッ!(←錯乱気味)
 ………フゥー、オレとしたことが、とんだところをお見せしちまって、、おどろかせてすまない。しかしそれも致し方ないというもの。だって着床どころかもうおなか膨らんでるんだもの、マタニティなんだもの。児ポ法大丈夫かコレ。しかもおなかに浮かんでるのがミイラの生首。これはちょっとしたホラーですよ?


どう見ても心霊現象


しかし、処女再確認描写から予想していたとはいえ、ルーシーご懐妊というこの出来事は驚きを隠しきれません。しかも頭部。産まれて完結とか言われても。キリスト(の頭部)をルーシーが処女懐妊し、産まれた頭部で完結、そして神の子誕生(完成)という流れは本当に宗教色強いですね。イエス様を扱ってる時点で当然なのですけど。ところで、キリスト教における処女懐胎の意義は、マリアが罪を犯さずイエスを身篭ったことにあり、これによりマリアの無謬性が成り立つわけですが、ことのほかルーシーにおいては、いくら未通でもその他の罪状を看過することはできないと思います。殺人とか傷害とかいろいろと!…あれ、ブラックモアさんの殺害容疑はないのかな?仮に、致命傷を与えたとして、何かのはずみで被害者がその後数分間生き続け、その間にさらなる攻撃を受けた場合、殺害容疑は誰にかかるんだろう。ああ、どうでもいい事が気になってしまった(笑)

*****

一方、ウェカピポVS.マジェント。ウェカピポ立ちでキメるウェカピポ。ウェカピポ立ちカッケー!鉄球が手に吸いついてるのは普通です。ネアポリスの人なら誰でも出来るんです。たぶん、あの国の人たちには鉄球を引っ掛けるタコとかあんですよ。ルーシーの正体はすでにいろんな人にバレはじめ、少なくともマジェントにはバレちゃってる事は明白。こんなちっぽけなマジェントにもルーシーの秘密がバレてしまっては、他にも気付く輩が出るのは明白です。一刻も早く護衛に向かわなくてはなりません。


ウェカピポ:「ミスター・スティールッ!」
ウェカピポ:「これから相当荒っぽい事が起こるが覚悟してくれッ!」
ウェカピポ:「しかし必ず助けるッ!!」



スゴい他人事口調でスティール氏に危険を伝えるウェカピポさん。荒っぽい事起こすのはアンタだろう。二発も銃弾喰らって瀕死の人に言うには少々忍びない言葉ですよね。やさしくしてやりなよ。ていうか、聞こえてないよ。

そんなウェカピポの荒っぽい事宣言に危険を察知してか、マジェントから走り去る爬虫類が一匹。ウェカピポはトカゲと間違えてスルーしてましたが、お前トカゲでもあんな大きいのが出てきたらもっと驚くだろ。しかも、さりげにマジェントさんをコケにしてたし。マジェントさんは生き物をカワイがる人だよきっと!あんた、マジェントさんの何を知ってるっていうんだ!彼のこと、何か一つ分かろうとしてあげたか!?
そんなマジェントさんの体から立ち上る白煙ひとつ。ま、まさかー


ウホッいい身体


無抵抗の人の服を脱がした!(手馴れた手つきで)
そこには乳首をガードするようにダイナマイトの束が。


ウェカピポ:「やるじゃあないか…マジェント」
ウェカピポ:「少なめの脳ミソで良く考えたな」


スゴいツンとデレの融合具合。まったくウェカピポさんはマジェントのこと大好きだな!(←違) ていうか、マジェントが攻撃するには持久戦か自爆しかないと思うんですけど、ウェカピポはホントにマジェントさんの思考でものを考えないのな。とりあえず窮地。マジェントの手前余裕ブチか増してたけど、導火線の猶予は5ミリくらいしかないこの状況。そこでウェカピポの取った行動は


瀕死の老人に無体な仕打ち


そういって鉄球をスティール氏の心臓にブチかますウェカピポ。ちょっとまて、衝撃とは鉄球の衝撃なのか、それとも普通にこの後の爆発のなのか。どう考えても鉄球のほうがダメージでかい気がするけどな!
スティール氏に投じた鉄球は硬質化させて彼を護るため、そしてもう一投は馬車馬の頭上に飛ばし、左半身失調で方向感覚を狂わせ、馬車を転倒させたウェカピポ。そして大爆発。20thセンチュリーボーイでマジェントは無傷、スティール氏も硬質化で平気、空中に逃れたウェカピポだけが爆散する木片でしこたま負傷してしまいました。なんていうか、硬質化スゲーな!!マジェントの能力カタナシじゃあないか。たぶん爆発はさすがにダメージくうから、スティール氏は投げだされたダメージだけなのだろうけど。爆発もOKなら自分にも硬質化かければ済む事だっただろうし。あ、馬も護らなければいけなかったからか。スティール氏の安全を確保しつつ馬も護り危機を脱するのにはこれしかなかったかも。…いや、ちょっと待って欲しい。一瞬でそれだけの仕事ができたのなら、導火線の火を消す事だって出来たのではないだろうか。

水中に投げ出されたウェカピポとマジェント。防御を解除してマジェントのターン!拳銃を取り出して独創的なポーズで発砲!


バッ!出 た !


面白いよマジェントさん!左手のポーズの意味の無さがステキすぎる。下半身の動きもなんかいい味出してる。しかし、動機は地球を二週半くらいしたような曲解ぶりで恐怖を感じます。恨みを晴らすならジャイロだろ。確かにウェカピポもムカつくだろうが。それにしても、マジェントの言動「失うものがねえ人間が一番恐ろしい事を思い知るがいいぜ!」には、大いに納得できます。秋葉原の事件もそうでしたけど、社会ってのは自由に見えて常識というルールの上に成り立ってるんですよね。失うものがなにもない人はそういった常識を軽く飛び越えてくるのが怖い。

話は逸れちゃいましたが、ウェカピポは粘着逆恨み野郎の前に大ピンチ。しかしそこはウェカピポ、先に手を打っていました。馬のほうに投げた鉄球で、車軸のワイヤーを操作しマジェントを絡めとり、車軸の鋼鉄を重石に川底に沈める作戦のようです。ワイヤーとかどこから出てきたのかとか、放たれた鉄球は遠隔操作レベルですかとか疑問は尽きませんが、一転マジェントさんピンチ!普通の人間は追い詰められ息が苦しければ水面に出ようとばかり考える。だがマジェントは違った!逆に!


        、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`         三ミヽー-ヘ,
   __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ   
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}        マジェント それは一人でなんとかしようとするからだよ
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ     逆に考えるんだ
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´          「誰かがきっと助けに来てくれるさ」と考えるんだ
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-…、 ) |       
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_ 
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `……´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {
              ′ / ! ヽ


そんな人が出てきたかどうかはわかりませんけど、20thセンチュリー・ボーイを纏って川底へ沈んだマジェント。彼はほの暗い水底で考えます。ワイヤーを外して恨みを晴らしにいきたいけど、スタンド解除しないと外せないし、解除したらしたで溺れるし。そんな時脳裏に浮かんだのは愛しの彼。ピンチの時に颯爽と現れて助けてくれる白馬の貴公子。彼とは運命の糸で結ばれているんだ。ルーシーの情報を伝えれば彼はきっとオレの事を好きになってくれる。調べろと言ったのも彼だし、今頃オレの事を心配してるはずだ。


早く「Dio」が助けに来てくれないかな…
もうすぐ来てくれる…会いたいな……
もうちょっと待ってみよう




デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ……
そのうち『マジェント・マジェント』は

待つことと
考えることをやめた




まさかのカーズEND!!マジェントさん、ちょっとかわいそうだけど、これほど放置プレイが似合う男も珍しい。それにしても、マジェントの独りよがりというか思い込みは凄まじいものがある。というか、ガチホモですか?彼にとっては出会いや想いを大切にして裏切りを忌むべきものとしているのだろうけど、押し付けは良くないよね。彼のスタンド能力とは真逆の性格で、ある意味バランスとれてるのかも。スタンド能力は性格に準拠したものが発現するわけではない例かもしれません。
彼のスタンド能力は発動している限り不死性を伴うもので、ぼくはNARUTOの飛段さんを思い出しました。殺せなくとも方法は如何様にも出来るわけで、動けなくして深海に沈めるとか火口に捨てるとかどうとでも対処可能なんですよね。死なないというのは、確かにアドバンテージだけど過信するほどの能力じゃないと思うんだ。だからあまり慢心せず立ち回らないとダメですよね。バジリスクの薬師寺天膳くらいの立ち回りが丁度いいんじゃないかな。しかしどうして不死キャラってこう執念深いのが多いんだ。怖いよ!

 ■■■■■■

みなさまこんにちは。
UJの発売日になるとカウンタが気持ち多めに回るんですけど、更新遅れてホントサーセン。
今月のUJは情報がてんこもりでしたね。本編もルーシーサイド、ウェカピポサイドの決着と立て続けにひと区切りしましたが、メディコム・トイからジャイロのアクションフィギュアの情報や、「ナツイチ」キャンペーンで伊豆の踊子の表紙が荒木先生のイラストになるとか、驚きの連続でした。
ジャイロのフィギュアについては、時間があれば渋谷に見に行こうと思います。開催日数も数えるほどですが(ていうか、最終日しかない…)、通勤途中にあるのでできたらちょちょいとね。メディコム・トイさんはバオーのフィギュアを作ったところですね。ぼくもワンフェスで見てきましたが飾っておくには良い出来だったと思います。ただ(これはフィギュア通の友達の言ですが)メディコムのは結構壊れやすいとの事なので、過度なジョジョ立ちは禁物なのかも。ジョジョ立ちはただでさえフィギュアに辛い稼動域を要求しますからね。figmaでもムリなんすよ。しかしまあ、ちょいと欲しいかな…。バオーの値段を考慮すればちょっと手が出しにくいけど、SBR、とりわけジャイロはお気に入りだからコアファンアイテムとして入手したいかも。出来次第かなー。ちなみに、メディコスの超像Art「空条承太郎 通常カラーVer」は素晴らしい出来映えです。figmaと並べてみた。

長門がジョジョ立ちっぽくないのは仕様です


そして伊豆の踊子。本年度の土浦桜比べ展覧会で原画が公開されたものの、厳しい撮影規制が敷かれ、ぼくの出足を鈍らせた事が記憶に新しいですが、やはりこういう事だったのですね。題材的にも何故?と思ってましたが、文庫用に描いたものだったというわけか。限定原画公開があくまでサービスだったのですね。来月このポスターが付くらしいので楽しみです。文庫もぼちぼち出ているだろうから買って来ようっと。それにしても、原画がどれだけの大きさだったのかわかりませんが、桜ジョルノと同じくらいだとすると、文庫表紙のイラストでもずいぶん大きなカラー原画を描くんですねー。さて、来月はダブルの月にするかどうか、それが問題だ。そしていよいよレース本編パートに入りそう。ルーシーの秘密がDioに知られるところとなった現在、Dioとの因縁決着はどう展開するのか。クライマックスに向けて加速しつつ、To Be Continued...!!





出典) 『STEEL BALL RUN』 荒木飛呂彦/ウルトラジャンプ・集英社

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

SBR感想一覧

コメント

前回の感想では、改行し直して頂き有難うございました。
色々とお手数掛けてしまって申し訳無いです。

それにしても、今回もルーシーはいい動きしてますね。
『サアアーーーッ』と無音で壁際まで移動する辺りは実に手馴れた感じです。
先月号で大統領を刺した時も表情こそ見えませんでしたが、冷徹な暗殺者の瞳をしていた事でしょう。
殺そうとする一瞬………
汗もかいていないし、呼吸もみだれていないな。
冷静だ………さすがルーシー。
ブラックモア狙撃の時もそんな感じ。
震える手で命中出来る訳が有りません。
落ちついて心を決めた者だけが命中できる。
ルーシーは殺ればできる子。

そう言えば、こないだ友人と話した時に、大統領が全ての遺体を集めたらどうなるのか?と言う話になった時、「大統領が望む事が全て実現する世界になるのではなかろうか」なんて事を言ったら、
「それ、まんまハルヒじゃねーか!!」
と言われちまいました。
そうだったのか!
すんません、キョンと言ったら「八丈島のキョン」を真っ先に思い浮かべる様なオッサンですので。

・みんな大好きマジェントさん
マジェントさんは最後の最後まで美味しいなあ。
荒木先生は本当にマジェントさんの扱い方を分かってらっしゃる。

それにしても、失うものが無いってのは深読みすると家族すらも居ない、もしくは見捨てられたとも取れますが、どうなんでしょうね?
もしかしたら、『スケットダンス』のスイッチの過去話みたいに物凄く辛い事が有って、部屋に引き篭っていた時期が有ったのかも知れませんね。
で、その閉じられた窓をこじ開けて手を差し伸べたのがウェカピポさんだったと。
………すんません、妄想でした。

・伊豆の踊子
原画の方ですが、桜ジョルノとほぼ同じ大きさでしたね。
背景色も同じだったので二枚並べてあると、ジョルノの出した桜に踊り子が手を差し伸べている構図に見えなくも無いです。
文庫は私も買いました。
アレックス少年シリーズは『本末転倒』になりそうだったので買ってませんが……

・追記
スイません、もう一つだけ。
今迄大統領の胸の傷って、てっきり北斗七星の事だと思ってたのですが、先月号での「世界の中心で尊敬を受ける」云々の話を受けて少し調べてみたのですが、北極星が末端に組み込まれているこぐま座も同じく柄杓形なんですよね。

つまり!
大統領の胸の傷は北斗七星では無く、こぐま座だったのだよ!!

な、なん(以下略)

まあ、どうでもいいっちゃどうでもいいんですけどね。
正直、柄杓形かどうかも微妙な所ですし。

> 前回の感想では、改行し直して頂き有難うございました。
> 色々とお手数掛けてしまって申し訳無いです。

いえいえ、こちらの不手際です。ののしってください!


●くのいちルーシー
音も立てずに移動し壁に隠れる。
越後屋さんの仰るとおり、動きがすでにアサシンですね!
それにしても、世の男性諸君は女性の涙には気をつけようという良い見本です。実際の内容はまるで違うのだけど、要約するとそんな感じ。泣かせるほど追い詰めるなという訓示なのでしょうか。泣いてからの思考と論理の飛躍が恐ろしいぜ。絶望とかしてないよこの人は。根源的な性格の問題かもしれませんけどね。とりあえず、実に攻撃的ですw。


●世界創造
世界創造は聖書的にもありえそうな方向性ではありますね。まあ、創造は父である「神」の御業なので子であるキリストの聖骸にそれほどの力があるかどうかは微妙かもしせませんが。

思うに、世界創造という力は、その力を認識して行使しようとするとエライ大変なんですよね。大統領がその力を知った上で行使するには、そりゃーもうホントにいろんな事を考えなくちゃいけないわけで、実に大変そうです。汎用度が高ければ高いほど事細かに決めなくてはいけないのは、きっとゲームも現実も一緒だと思います。大統領は支配したいけど世界を滅亡させたいわけではないので、そんな能力を身につけたらきっと大変でしょう。

ここでハルヒに関してちょっと触れようかと思ったんですが、えらく長くなりそうなのと説明が難しくなりそうなのでやめました(苦笑)。良ければ今度お会いしたときにでもお話しますね。世界改変能力を自覚しているかしていないかから派生した、ハルヒというキャラの有り様(設定)分析話なのでかなりウゼーかもしれませんw。でも面白いんですよ、あの設定。ハルヒという作品はとても素晴らしいジュブナイル作品ですよ。希望とか、未来とか、そういうものに根源の部分で肯定してる青春群像なので、10代とか若い人にお勧めしたい。

・八丈島のキョン
ええ、がきデカ!?ぼくよりヤングメンですよね?w
観光名物でもあるみたいだから、そちらかしら。でもオッサンと記述してるってことは…


●マジェントさんの放置プレイ
まさかあんなにマジェントさんが輝くとは思いませんでした。
基本忘れられてるキャラなんですね。越後屋さんの予想も方向性は合ってましたね。ぼくはアツすぎるマジェントさんを期待しすぎたわ。でも、攻撃無効とか不死のキャラはどっかに埋められたり沈められたりという展開が王道かもしれませんね。それにマジェントさんの性格というかキャラが合致し過ぎてたけども。
自爆アイデアはウェカピポ思いつかなかったのかなー。ジャイロたちに対してやっとけば良かったのに。しかしそういう能力とはいえ、初対面の人に自爆確実っすよ?というのも難しいですね。というか、マジェントさんから提案しろよ。自分の能力だから分かってるだろうに。

・手を差し伸べるウェカピポ
そんなキャラじゃない事が最近分かってきました。バカは相手にしない主義なのかもしれないけど、謙虚に傲慢というテイストが付加されつつあるような気がします。マジェントさんだけなのかもしれませんが、それにしたってヒドイ。この人も感傷とかあんまなさそう。

●伊豆の踊り子
ぼくもこないだ買いました。中原中也の「汚れつちまつた悲しみに……」と2冊一緒に。えーまだ読んでませんw。ちなみに、今月のポスターもまだ広げてなかったりします。アレックス少年シリーズは最初の1冊だけ買いましたよ。話は良く憶えてないですけど、まあまあ面白かった気がします。なんか、フツーに荒木先生キャラが脳内で動いてる感じで読めましたよ。挿絵って偉大。

●こぐま座
北斗七星…というイメージだったのですか。それだったらケンシロウが頭を過ぎって仕方なかったんじゃないですか?ぼくもネタにしましたが、傷が北斗とかではなく、胸をはだける様がジャギっぽいと思ったからですw。
こぐま座というのは、ひょっとしてそこからジャイロのクマちゃん繋がりを示唆?そういえば、クマちゃんどうなったんだろう、ちゃんと届くのかなーぬいぐるみ。


レス、大変遅れた上乱文でスミマセン!
もう新しいUJが出てますけど、まだ一文字も感想書いてません。週末でなんとか出来たらいいな(´・ω・`)
ではでは!コメント、ありがとうございました!