[図書館戦争]状況〇一「我ガ王子様ハ図書隊ニアリ 」

| 2008.04.15 (Tue) 11:55 PM | [アニメ] | ←前■TOP■次→ |

状況〇一『我ガ王子様ハ図書隊ニアリ』

『図書館戦争』公式サイト

原作未読。現実でも燻っているメディア規制の問題を、現実に激しく近似した世界の中で劇化させて展開している作風が特徴。近未来の設定なのですが、時間的には10年程しか差がないのでテクノロジー面での違いは殆どなく、物語の根幹となる「メディア良化法」とそれによって改変された世界の仕組みだけが異なっている部分なので、見ている側としては一種のパラレルワールドに見えてきます。正化って元号を使っているのも、実際に平成と同じ候補にあったものなので並行世界は意識してるのかもしれません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 

最初、この世界設定を見た時に、「RODに似てるんだな」と思いました。しかし決定的に違うのがアクション性とファンタジー要素。RODは本そのものを武器化して「文系アクション」にまで昇華させてましたが、図書館はリアル軍事力。ここんとこの差が大きい気がします。

図書館戦争のリアリティ設定は、現実世界への問題提起も担う反面、現実に近いが故に設定面での違和感に繋がっていると感じました。メディア良化法はともかく、良化特務機関と図書館の武装には些か無理があったのではないかと思うのです。自治体の管轄だったから独立組織、って言うのは弱い気がするなあ。予算とかどうしてるんだと。軍事はカネかかりますよ?それプラス、良化特務機関と図書館隊の抗争に警察や司法が介入しないってのも理解の消化不良。良化特務機関の位置付けが曖昧で、結果的に図書館隊の存在意義や規模の良く分かりませんでした。しかしながら、それらは全体の雰囲気というか背景に過ぎず、この話の核心は結局のところ郁と堂上のロマンスなのではないかと見ているので、あまり気にしなくてもいいのかもしれません。

作画やアニメの作りは丁寧かつ鮮やか。輪郭線が太く描かれているので、人物がやたらと映えます。そういう意味で、ちょっと日本橋ヨヲコ先生タッチをイメージしたのは秘密です。そしてその太い輪郭線は、コミカルタッチになる際にスムーズに移行させる一要素なのではと感じました。コミカルタッチの話が出たのでついでに触れますが、リアリティのある世界観なのにデフォルメ描画もバンバン出てきます。これを良しとするか良くないとするかは好みで別れると思いますが、巧く描きわけてるし良いと思います。これがあるから、ラブロマンス主軸と確信したのかもしれない。あと、これが作画に対するコメントなのかどうかわかんないですが、縮尺が気になりました。郁と堂上さんの身長差がキーにもなってくるので、そのあたり大袈裟に表現してるんだろうとは思ってましたが、その影響が玄田さんに思いっきり出てた気がした。彼、郁より頭一個分大きいんで、これは相当な身長差があるな、郁が170cmだから玄田さんは2m超えてるかと思ったら185cmでした。そりゃないぜー。

声優陣は、ベテラン、伸び盛り入り乱れつつも粒揃い。

『図書館戦争』公式サイト
ヒロイン・笠原 郁役は井上麻里奈さん。僕の中ではグレンラガンのヨーコ役、みなみけのカナ役の印象が強いです。高めの声ながらも活舌が素晴らしいので聞き取りやすい。元気印のキャラに向いているのかも。
『図書館戦争』公式サイト
堂上 篤役の前野智昭さんは大抜擢になるのでしょうか。にもかかわらずの堂々とした演技でこれからの活躍が期待されます。
『図書館戦争』公式サイト『図書館戦争』公式サイト
そして主役の脇を固めるポジションに美男美女を配置。おかっぱロングはなんだか久しく見てなかった気がするぞ?小牧さんはイケメンでいつもニコニコなので、古泉と被って仕方ないです。困ったものです。

他は割愛してキャラの事を。それぞれに簡単な二つ名が付いているのだけど、わざわざ付けるわりにシンプルなものばかりだなあーと思ったり。もっと仰々しいのを付ければいいのに。西尾維新先生みたくw。

制作は流石の ProductionI.G。今やっているのでは『RD 潜脳調査室』『精霊の守り人』『電脳コイル』と、どれもこれもハイクオリティ。前ので言えばREIDEENはどうかと思ったけど(画はキレイでしたw)、高レベルで安定していて作画に関しては安心できるアニメハウスですね。安心の京アニの次だな、僕の中で。I.Gの作品で気になってるのが『レ・ミゼラブル 少女コゼット』。表舞台から姿を消した世界名作劇場、実はBSフジでやってたそうなんです。しかも、かなり良いらしい。今は『ポルフィの長い旅』てのをやってるそうな。観てみたいです。

そして監督は浜名孝行氏。僕の中ではテニスの人なわけですが、どんなアニメを見せてくれるのか!いろんな意味で、どこへ落ち着くのか見届けたいと思います。


てなわけで、ノイタミナ枠初のノベルス作品である『図書館戦争』。書物の影響力に注目して、そこに現実世界との共通点・相違点の両方がある。なかなか面白いです。ノイタミナなので尺が心配ですが、これは一冊を11話だか12話にするのかな?今までとは逆に足りるのか心配だぜ。ハルヒみたく、他から引っ張ってくるんでしょか。

図書館戦争 公式サイト

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

アニメ一覧