[ゲゲゲの鬼太郎] 第49話「あの世の七人ミサキ」

| 2008.03.16 (Sun) 4:27 PM | [アニメ, [ゲゲゲの鬼太郎] | ←前■TOP■次→ |

第49話 『あの世の七人ミサキ』

「すごく楽しみ!私、あの世に行くの、初めてなのー」(水恵)
「そうかー、実は俺もだ」(火出丸)


 

 

 

 

久しぶりにゲゲゲの感想。どうでもいいけど、鬼太郎サイトみたいになってきてるなー。まいったね、どうも。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第49話 『あの世の七人ミサキ』


 

今週のゲゲゲの鬼太郎は七人ミサキが登場。今期は結構マニアックな妖怪が題材にされる事が多いような気がします。長期シリーズとなるようなので、ネタ切れ起こさないように配慮してるんでしょうか。なんにせよ、タダでさえ斬新な五期鬼太郎に新鮮さが感じられるので嬉しいことであります。

そんなマニアック妖怪登場の回にスポットを浴びたのは呼子。かねてより、密かに呼子の能力は潜在性を秘めていると感じていて、ここで広がりを見せるのか?!と思ったのですが、それなりの応用力は見せたものの期待したほどのものではなかったのが少し残念。特定対象に対して声を届けられるという特性を活かして、連携がキーである七人ミサキ単体ごとに囁きかけ、内紛を起こさせるという展開だと如何にも能力バトルって感じで燃えたのですが、未体験の呼び出し範囲に対しての効力を確かめただけに留まりました。これはこれでのちのち使われてきそうな気もしますね。呼子は情報戦という見地からみれば重要なユニットであると僕は思ってます。青坊主が方向音痴だからその先導的役割としてしか活躍してませんが、特に装備もなく遠隔地の特定の相手と通信ができる能力っていうのはものすごく貴重だと思うのです。ホラ、皇国の守護者でも瞳術ってあるじゃないですか。あんな感じで戦闘に於いて必須というか、戦略に広がりを持たせる事が可能だと思うんですよね。さらに今回は、電話に呼びかけることで、条件に合った端末先だけにメールを送信するという離れ技をやってのけましたしね。必要なところだけに届くダイレクトメールの実現ですよ。費用対効果抜群すぎるわ。また、応用として思ったのは、発生元が自分でない音波も伝える事が出来るなら、音で操る能力者とコンビを組む事で恐ろしいコンボが発生するんじゃないかと思うのですが如何でしょうかね。何げにテレポート能力もあったんじゃないかな…。という事で、青坊主初登場の頃から呼子プッシュです僕はw。

七人ミサキはそれなりに物語化などされてるようですが、おそらく結構マニアックですよね。実際はもっと恐ろしい妖怪のようですが、ゲゲゲ風味にほどよくマイルド化しました。ミサキ的使命である「あの世に行く」という任務を遂行する、要するに死ぬために尽力するミサキたちは何気にユーモア抜群。ミサキナンバーは死へのカウントダウンなのだけど、これが価値観の違いってヤツなのでしょうか。7人の身代わりを見つけないと自分は死ねないという特性は、逆を返せば限定的な不老不死が約束されるという事。呪いのようにも思えますが、捉え方次第で有効活用できそうな気がします。あと、そいえば七人ミサキの名前は曜日に因んだものでした。
個人的には、七人それぞれがどの時代で参入したかがイメージできるデザインにされていたのが良いと思いました。鬼太郎一家を海に引きずり込んだのも一応元設定通りだそうで納得。僕は知らなくて見てたので、なんで海に入るんだろうとか思ってました。鬼太郎の不死性がハンパない事がわかってるから全然ピンチに感じなかったのだけど、ねこ娘とか仲間ごと引きずり込んだのでそこに危機感が生まれて良かったですね。同時攻撃しなくては撃破できないという問題もまた水に入った時点で攻略法が浮かんでしまったのは秘密です。ていうか、水中での体内電気はいい加減周りの迷惑も考えて自重しよう。それにしても、海中で高圧の体内電気を発生させられる鬼太郎のポテンシャルがスゴ過ぎる。

あとなにげに思ったのが、妖怪横丁の妖怪たちが何かしらの行動を起こす原因として一役買うのがお金の問題、ひいては家賃問題なんですよね。元々自分から何にもしなさそうな横丁の妖怪たちに自らアクション(問題)を起こさせるこの家賃問題、つまり横丁や妖怪長屋といったガジェットは「起」の部分で汎用性が効くので、これは結構秀逸だなあと感じました。妖怪側の日常とかを描いてるだけに止まらない横丁設定は素晴らしい。

『ゲゲゲの鬼太郎 第49話 あの世の七人ミサキ』
原作
水木しげる
シリーズディレクター
貝澤幸男
シリーズ構成
三条陸
脚本
木原大輔
キャラクターデザイン・総作画監督
上野ケン
演出
角銅博之
作画監督
小泉昇
美術
清水まこと
音楽
堀井勝美
CV
[鬼太郎] 高山みなみ
[目玉おやじ] 田の中勇
[ネコ娘] 今野宏美田の中勇
[ねずみ男] 高木渉
[砂かけばばあ] 山本圭子
[子泣きじじい/ぬりかべ] 龍田直樹
[一旦もめん] 八奈見乗児
制作
フジテレビ
読売広告社
東映アニメーション
公式サイト
ゲゲゲの鬼太郎

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

ゲゲゲの鬼太郎一覧