[墓場鬼太郎] 第4話「寝子」

| 2008.02. 7 (Thu) 5:55 AM | [アニメ, [墓場鬼太郎] | ←前■TOP■次→ |

第4話 『寝子』

「あれはただの金ヅル…いやあ持ちつ持たれつ!いろいろな事情があるのです」(鬼太郎)


 

 

 

 

水木さんがお父さんじゃないの?と言われて出た鬼太郎の一言。今話を最後まで見たら、「水木さんに謝れ!」って言いたくなること請け合いだと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第4話 『寝子』


 

今回のお話は明らかに一話完結ではありません。今までもなにげなく日々が送られるので完結タイプではなかったとも取れますけど、それなりにオチが付いていたと思います。でも、今回はいわゆる「引き」ってヤツがあります。しかもかなりインパクト大。次回が楽しみだぜ!って思う事でしょう。僕も楽しみ。しかし、この流れを用意したにも拘らずよわよわのオチで不思議じゃないのが水木テイストだからなあ。油断がならない。でもどうしようもない(笑)。

 
スガスガしい朝のひととき

鬼太郎:「美しい朝には美しい歌声が欠かせない」
鬼太郎:「僕ァ幸せものだー」
と加○雄三ばりに窓辺でダバダーする鬼太郎。しかしそこに普通に挨拶を交わす寝子ちゃんと水木さんの姿が!

鬼太郎:「ゆ、ゆるせん!なにが『おはよう寝子ちゃん』だ!しかもなれなれしく肩に触るとは!」

なんかもうストーカーだな、鬼太郎。一緒に登校すればいいじゃない。

 
ニセ鬼太郎登場

何の前フリもなく、ニセ鬼太郎が登場!
え、なんで鬼太郎ぽいヤツが出てくるの?見逃した回あったっけ?と思った方、安心してください、全てシナリオ通りですw。

そしてめくるめくスクールデイズ。

なんのツッコミもなく学校風景。では鬼太郎くん、じゃねえよ先生w。この辺りの脇設定は軒並み投げっぱなしジャーマン、それが水木クオリティ!
先生の「で、あるからして、アーでコーでアーで」っていうセリフはきっと原作どおりなんだろうな。いかにもマンガ的な表現ぽいから。
それにしても、やっぱり陽海学園じゃなかったんだなー。僕はてっきり全員妖怪なんじゃあないかと思ってたよ。

 
鬼太郎さんのエッチ!

ニセ鬼太郎を追ってトイレに追い詰めた鬼太郎。鍵のかかった個室に対して突・撃!




しかし中にいたのは寝子ちゃんーーー!?ここ男子トイレのはずなのにー!昔はそんな区別ないのか?フリーダム!それにしても恥じらい顔がかわいいぜ!


なんですの?! レディーの使用中に! 鬼太郎さんのスケベ!

そして当然ののび太ルート。それにしてもトイレ突入はなんかエロいなー。風呂よりエロい気がします。ちなみに、アニメ本編のセリフは「鬼太郎さんのスケベ!」でした。うん、侮蔑してる感じが出ててヨロシイねw。

 
オープン・ザ・デスク!

学校の机が開閉式!新しい!
って思ったのだけど、当時はみなそんな感じだったのかもしれない。時代を感じるぜ。しかし、可動部分や溝は問題あるんじゃあないか?えんぴつで突き破っちゃうんジャマイカ。

 
父さんの作るおかずはセンスがないからな

センスとかそういう問題じゃあないぜ!食材としてどうかと思うよドブネズミは。しかしそれに食いついたのが寝子ちゃん!

寝子:「鬼太郎さん、あなたの食べているのはドブネズミでしょう?」
寝子:「どうしてそんなもの、学校に持ってくるのです?」

いちいち尤もすぎるツッコみなのだけど、ツッコみ方が違う!そしてー



寝子ちゃん、豹変!一瞬、ネウロの犯人かと思った。


「私、魚とかネズミにとても弱いの」と告白する寝子ちゃん。「言いにくいのだけど、猫になってしまうのよ」って、普通ならどこからツッコめばいいのか悩むところですが、ここは水木ワールド。結構な怪奇現象も意外とすんなり受け入れられるのです。しかも相手は鬼太郎ですよ、人間じゃないし。この程度の怪奇現象、余裕ですよ!ほら、奇怪に思いながらも解決方法に見当がつかないところで悩んでますし。さすが鬼太郎。

 
そもそもの原因

鬼太郎:「僕が悪かったのです。弁当にドブネズミを持ってこなければこんなことには…」

ウイ、ごもっとも。寝子ちゃんにそんな特性があるかどうかはおいといて、そもそもそんなセンスの悪い弁当を持ってこなければよかったのだよ。寝子ちゃんにもびっくりしたけど、根源はそこですよね。まったく反省しろ鬼太郎!いや、親父!

 
私は魚やネズミを見ると食べたくなってしまうというサガを負っているが、幸福に生きてみせるぞ!

落ち込む寝子ちゃんに対し、自分の正体を打ち明けて秘密を共有する鬼太郎。変わった悩みを持つ自分の気持ちは普通の人間には分からないと嘆く寝子ちゃんには、この慰め方はなかなか効果があったようです。しかしだ、

鬼太郎:「猫に変身できるちょっと変わった特技だと思えばいいんですよ。」
寝子:「鬼太郎さんこそ幽霊族の末裔、世界で唯一の存在なんてカッコいいわ。」

何このトンデモな慰め合い!迂闊にも「いい事言うなあ、鬼太郎も」とか思ってしまったよ。あぶねー、あまりの自然な流れに持って行かれそうになりました。

 
災難!ねずみ男

このやり取りの側で寝ていたのがねずみ男。足からオーラのように発せられる臭気のせいで寝子ちゃんに気付かれます。美味しそうだと感じてしまう寝子ちゃんに同情するぜ。

足にオーラを集中させる!

それにしても寝子ちゃん、「悔しい…いつかきっと食べてやるんだから」とか言ってて喰う気マンマン。ねずみ男にしてみれば突然の捕食者乱入、さぞかし生きた心地がしなかったでしょう。どんな気持ちなんだろう、いきなり喰われそうになるって状況は…。

狩る者と狩られる者 リアル図

で、結局ちょっぴりカジられました。原作を知ってる友達の話だと、この頭が欠けてるのは実は伏線らしい。それはアニメで再現されるのだろうか?!

 
キャット寝子

君にメロメロメロローン
私メロメロメロメロメロローン
早く気付いてよーこの気持ちー
メロメロメロローン

猫なで声のような発声が人を惹きつける!キャット寝子、一気に全国デビュー!
最初は鼻歌的に歌ってるから流行ってる曲なのかと思ったけど、どうも寝子ちゃんオリジナルの曲みたいです。振り付けまで完璧。どこの白石ですかこれはwww
しかし、真に恐ろしいのは、原作でワンフレーズしか出てなかった曲をフルヴァージョンとして作りきり、それをエンディングテーマのCDにカップリングしてしまうソニー・ミュージックレコーズだぜ!

挿入歌がブレイクする事が時たまあります

 
勇気あるネズ公

全国ネットで放送されるテレビ放送される事になった寝子、いやキャット寝子ちゃん。彼女の甘いボイスととろけるような旋律が電波に乗って飛んでいきます。それを見ていたニセ鬼太郎、ネズミを放って寝子ちゃんの本性を暴露する魂胆だぜ!寝子ちゃんがあぶない!と鬼太郎が叫ぶ!いや、確かに本性ばバレちゃうのは危ないのだけど、真に危ないのはそのネズ公だぜー!命を賭けて捕食者の前に姿を出したネズ公に敬礼!(`・ω・´)ゞ

 
一瞬ですり替えられたちゃんちゃんこ

なんという早技!着ているものを脱がしてさらに別のものを気づかれずに着せるなんて…!偽鬼太郎の手クセの悪さは天下一だぜ!…いや、これは超スピードとか催眠術とかチャチなものじゃあ断じてねえもっと恐ろしいものの片鱗だぜ…!

 
嫁になれば、いいと思うよ

全国ネットで醜態を曝してしまった寝子ちゃん。学校どころか日本に居場所ないよと嘆きまくりです。


責任とる。結婚しよう。

これを見て、「嫁になれば、いいと思うよ」と思った僕がいるよ。なので、本編で「僕がついてます」という鬼太郎の発言から、この展開を見越した孔明作戦かと思った。なんかニュアンス的には、「僕だけは味方だよ。たとえ全世界を敵に回してもね」なものを感じてしまったのは深読みなのか僕が腐っているのか。策士という要素は鬼太郎に合わないけど、黒いというのは合ってると思うんだ。だから、あながち間違ってないかもしれないよ?(ウソです)
でも結果的に玉砕。と見せかけて和解します。策士だろ、完全に。うまい事やりやがったな、鬼太郎。

 
今回、私は一切関係ありません!

テレビの事は、ワシ関係ない

ドブネズミ弁当の時は自分の責任があったので反省しきりだった目玉親父でしたが、今回はワシ関係ないもんねと言わんばかりに無関心。寝子が泣こうが鬼太郎が落ち込もうが茶碗風呂でバスタイム!さすが親父殿だぜ!

 
さあ、いいところへ行くのです!

ここが橋の上でなければどんだけエロかったかwww。モノホンの鬼太郎が来たのですが間に合わず、寝子ちゃんはニセと共にダイブ。それを追う鬼太郎。しかし、鬼太郎は実はカナヅチだった!「弱点はない」ゲゲゲでは考えられないダメっぷり。ゲゲゲの鬼太郎の弱点は可愛い女の子だけなのに。鬼太郎、絶体絶命!そこで問題だ!カナヅチ鬼太郎はどうやってこのピンチを切り抜ける?

 1-幽霊族の末裔である鬼太郎は、突如能力に目覚め危機を切り抜ける。
 2-水木さんが来て助けてくれる。
 3-切り抜けられない。墓場鬼太郎は非情である。


答えはなんと…2!
アメリカンコミックのヒーローのように、仕事帰りに偶然通りがかった水木さんが服着たまま川に飛び込んで助けてくれたのでした。あなた、鬼太郎に金ヅルって思われてるのに!

 
ある意味、答え3

水木さんに助けられ、河原で目覚めた鬼太郎。しかし寝子ちゃんはどざえもんに!


バ…バカな…か…簡単すぎる…あっけなさすぎる……

この辺が凄まじく墓場クオリティです。定石スルー、子供びっくりですよ。こんだけあっさりと死なれると、猫変貌設定があるだけに、寝子ちゃんは人間じゃなかったですよ展開がありそうなのですが、それもナシ。まあ、猫は泳げないしな。次回予想になりますが、水木世界では死は肉体の死でしかありえないので、次回からは寝子ちゃんの魂の冒険があると思います。そう考えると、偽鬼太郎が鬼太郎のちゃんちゃんこを盗んだのにも繋がるし。きっとあいつは寝子ちゃんを自分のものにするために、誰も入ってこれないあの世へ行こうとしてるんですよ。でも自分は死にたくないからちゃんちゃんこが必要だったと。でもそれなら心中だけで良かった気がするなあ。自分は地獄行きになると思って、意思行動可能のためにちゃんちゃんこ奪ったのかな。それならなんとか繋がるか。それにしても、なんたる予想材料の少なさだ。ニセ鬼太郎もツカミもなくポッと出てきたからなあ。さすが鬼太郎だぜ。

『墓場鬼太郎 第4話 寝子』
原作
水木しげる
シリーズディレクター
地岡公俊
シリーズ構成
成田良美
脚本
高橋郁子
キャラクターデザイン・総作画監督
山室直儀
演出
中村哲治
作画監督
袴田裕二
美術監督
杦浦正一郎
斉藤信二
音楽
和田 薫
CV
[鬼太郎] 野沢雅子
[目玉親父] 田の中勇
[ねずみ男] 大塚周夫
[水木] 大川 透
[ニセ鬼太郎] 伊倉一恵
[重井] ピエール瀧
[寝子] 中川翔子
アニメーション制作
東映アニメーション
製作
水木プロダクション・墓場鬼太郎製作委員会
公式サイト
墓場鬼太郎

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

墓場鬼太郎一覧

コメント

なんだか、この話の後のスノーティアーズ
がとても悲しく感じたのは私だけでしょうか?

< ・ω・さん

感想でも書いたのですが、ぼくはこの次の5話でボロ泣きでしたねー。この回も相当なシンクロ率ですが。

改めて思いましたが、やっぱすごかったよこのアニメ。万人に理解されたり受けたりするものではないと思いますが。。そりゃあ読本も出ますわ。ちょっぴりお高いですけど、充実の内容です。

原作で出ていた「コラソン」、「レメロン」というフレーズは、ラテン音楽のy有名な曲”Corazon de melon(邦題は「メロンの気持ち」)の歌詞です。
こちらが原曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=i0ZOu7dIBI4&NR=1
↓は森山加代子がカバーした日本語バージョンです。
http://www.youtube.com/watch?v=k_fxS1_VFbY

猫宮川遊び