これって絶対領域アニメ?!『しおんの王』

| 2007.10.22 (Mon) 6:02 PM | [アニメ] | ←前■TOP■次→ |

原作未読です。絵だけ見て萌えアニメ?マンガの表紙を見て将棋モノデスカ?と思いながら観始めた「しおんの王」。観てみれば、それは絶対領域アニメでありました。ちょ、そのミニスカニーソ、眩しすぎるよ!

登場人物

安岡紫音

主人公の女の子。最初小学生って聞いたときは信じられなくて、奨励会の学生って事で「奨学生」って言われてるのかと思いました。…うん、最近はこのくらいの外見の高校生や大学生もいるもんで、ちょっと毒されてましたよ。でも、小学生には見えないんですけどねー。 彼女は過去の事件(両親殺害されている)のトラウマから声が出ないという設定で、この辺りはダークな雰囲気。ストーリーにも結構絡んできそうで、根幹は暗そうなアニメのような気がします。口が利けないのは精神的外傷のためなのかと思っていましたが、どうやら両親殺害の犯人に口止めされているから言葉を失くしている線もありそう。ストーカーに監視されているのもただのファンや異常性欲者ではなく、その辺絡みなのかも。

斉藤歩

主要キャラの一角。執拗に勝ちを意識するライバルキャラという設定で登場した水色の髪のメガネっ娘。理知的かつ利己的なキャラで進めてくるかと思いきや、実は男の子という設定でした。それを暴かれるシーンは服をはだけさせられる衝撃的なシーンだったのだけど、僕は剥かれた後も女の子だと思ったよ。普通にエロかったし、隠す様子が色っぽかったし。正直、紫音ちゃんが男だった方が割りとすんなり受け入れられたかもしれません。ぼくのぴこのせいだと思います。

二階堂沙織

主要キャラの一角。お色気担当のお姉さんキャラで、冬物セーラー服から谷間がチラチラしてます。美人でしかもお金持ち。要素はあるけど、萌えにはあまり直結しないキャラだったりします。でも多分そんなの目指してないからいいんだこれでw。




この先、マトモな棋士モノとしていくのか陰謀モノとしていくのか判らない所がありますが、そこそこ楽しめそうな予感。オチとしてはありきたりなものになりそうな気がしなくもないですけどね。…と、思ってたのだけど、公式サイト見たら「本格将棋サスペンス」というジャンルらしい。サスペンスかー…正直、びみょう?

重箱の隅を突付く様な事なのだけど非常に気になる事がひとつ。それはこの制作スタッフが将棋知ってるのか怪しい事。なんか、明らかに2歩に見えるカットとかあってその辺が超不安。リアル目指すならこの辺はキッチリとやって欲しいところですね。

画面1.前後に並んで二歩。こんなに目立つのに…
画面2.アップになると香車にチェンジ。


■わかりやすくまとめられた動画。てか、それで負けたのかwww




▼関連サイト
しおんの王(公式サイト)

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

アニメ一覧