Yes!プリキュア5 29話 「のぞみの一日マネージャー」

| 2007.08.28 (Tue) 2:34 AM | [アニメ] | ←前■TOP■次→ |

29話 「のぞみの一日マネージャー」

開幕からブンビー様登場。悪の組織の中ボスなのに徒歩で敵アジト(ナッツハウス)に向かい、休日閉店で地団駄を踏む様がたまらなく愛しかったです。

掴みは時期的な話題、夏休みの自由研究ネタから。そこからまさかあのような展開の後半を迎えるとは。。。 前半はのぞみがうららのマネージャーに誤解されて展開されるパート。ドタバタが始まるのかと思いきや、臨機応変にトラブルに応じる意外な才能を発揮するのぞみ。殆ど人脈というか友達の力を借りてるのだけど、何やってもダメだったのぞみがポカをしないのはなんだか新鮮。上に立つ人間は多少お気楽で雰囲気で全体をまとめて大きな方向性を示す人間が向いていると思うので、のぞみもそういう立ち位置なのかと思ってたけど、やるときはやれる管理能力が描かれたのはなかなか興味深いモノがありました。ちょっと幹部らしかった。

後半はなぜか時代劇モノになってた。これがなかなかどうして大変面白い。可憐が姫、ナッツが居合浪人というのもなんか凝ってるというか。というかこいつらエキストラのはずなんじゃー。芸能人のうららが一番目立たない町娘役ってww。一方、敵にもこういう役がピッタリくるブンビー様を配役。なんていうか、ハマり過ぎてて怖かったよ。悪役なのに水戸黄門の口上を持ち出すあたり、イカしすぎてる。彼が言うように、口上を最後まで言わせるのは、変身中に攻撃を加えないのと同じく暗黙のルールですよ。まったく黄色の芳香剤は全然分かってないぜ。口上言ってる間に逃亡なんて、正義の味方のすることじゃないぜ。多分、冒頭のブンビー様無視ネタを意識した流れだったのだと思うけど。
というわけでブンビー様が輝きすぎてる回でした。素晴らしい。大体変身後もカッコ良すぎるんだよなーブンビー様はよー。

変身シーン

変身シーンにバリエーションを加えるのがここ数回の流れのようで、今回は時代劇スタイルからの変身。キュアアクアが一番ウケた。

はじけまくる芳香剤

今回覚醒したのはレモネード。新技のレモネードシャイニングは、フラッシュとどう違うのかよく分からなかった。最初の手の形から集中させて撃つのかと思ったけど、それはありませんでした。僕が想像した半径20mもありませんでした。残念。

小町とナッツ

この二人は島に行ったあたりから完全にフラグが立っていて数少ないラブ要素のアクセントになってます。ココとのぞみにも立ってる気がするけど、どうにものぞみが子供っぽいので強さとして今ひとつ。惹きあう要素の面でも、和菓子好き、クール系と控え目系、読書好きと共通項目がメインよりしっかりしていて納得出来る気はしますね。思えば、小町の小説をナッツが批評していたあたりからフラグは立っていたのでしょう。
自分的に持っていたイメージなんですがこういうのは対比的なセカンドヒロイン、ここで言うなら凛だと思ったのに一番大人しい、しかも防御担当の小町にその役が当たったのはちょっと驚きでした。

ピンキー

確かかなりたくさん集めなきゃいけなかった気がするけどどうなってるんだろう。各話1匹捕まえても間に合わない数なのに、ここんとこずっと捕まえてない気がする…。

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

アニメ一覧