銀魂 68話「渡る世間はオバケばかり」

| 2007.08.10 (Fri) 12:23 PM | [アニメ] | ←前■TOP■次→ |

冒頭からいつものとおり、というか輪をかけたダラダラした雰囲気でスタート。なんかもー何もやる気しない、アニメもやる気しない、ジャンプでよくある作者取材という事で、とか言ってて、本気でこのまま終わるんじゃないかと思った。銀魂ならありえてもおかしくないから困る。まあそんな事はなくて無難にOPが流れたのだけど、せっかくならEDテーマを流したら面白かったんじゃないかと思った。OPテーマ、EDテーマの入れ替えも良くやってる銀魂だし、ネタのためにそういう演出をしてもいいんじゃないかと。でも、普通に始まってました。

68話 「渡る世間はオバケばかり」

今回の話はところどころに定番ともいえるようなギャグが挟まっていたものの、全体的にキレイにまとまっていました。グッと来るシーンでは本当にグッとくるから銀魂は困る。

それにしても、落さんの「オチだからね、名前がオチだからね」というギャグを作中で何度も使い倒しておいて最後にダメ押しとして使い、ギャグ的なオチのない締めをさらにグダグダにして締めるテクには唸らされました。「オチだからね、名前がオチだからね」を最後までとっておけばオチになるのに、ワザとそうしないのがスゴい。

さて来週は「世にも奇妙な銀魂」。じゃなくて、「ゴミの分別回収にご協力下さい」です。他局のネタを平然と使うその姿勢が銀魂らしいというか、テレ東らしいというか、ええ、スキです。でも、さすがにテーマ曲を丸パクる事は出来なかった模様。
このエピソードから芙蓉編がスタート。軽快なギャグパートも好きだけど、長編も結構好きです。単純な泣かせるエピソードに見えて、根源で深いテーマを持ってる事が多い銀魂長編。というか、銀魂は短編でも深いテーマを抱えてますけどね。

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

アニメ一覧