2005UJ04月号SBR感想 『プロローグ編』

| 2005.03.19 (Sat) 12:00 AM | [SBR感想, [荒木IZM] | ←前■TOP■次→ |

さて、いよいよSBRが再開されることとなりました!

誌面をウルトラジャンプに移してのスタート。
故に「プロローグ編」を挟んでの再開です!

ところで、ウルトラジャンプのお値段は510円
今までの週刊少年ジャンプと比べると若干お高いものに感じるかもしれませんが、世界の荒木信者はこの日をズッと待っていたに違いないのです!
手の中にはもうスデに510円が握り締められていたハズ!
それは僕がスティッキィ・フィンガーズで入れといたYO!
(出所はキミのサイフだが)
早速書店へGO!

そこでキミが手にするのは一護じゃない!(ましていちごであるはずもない!)
天鎖斬月に惑わされるんじゃあないぞッ!
そう、キミの所望するものはスグ隣、
そこには「ウルトラジャンプ」のタイトルロゴをブッた切って燦然と輝くジャイロの姿があるハズ!
おおスゲー!なんと重厚な手触りか!
加えて「荒木飛呂彦」のデカイ文字!
記念すべきUJ100号を一面荒木で飾るとは、UJ編集部はニクイねぇ!わかってらっしゃる!

やっぱこうでないとなー。
コーディネートはこうでねぇと!
(日本人がよく言うダジャレ7位[トリビアの泉」]
なんちて!
あははーーー!

ん?なんだ、何モジモジしてんだよ。
え!?なんだって?フンフン…

 

なんだと 逆に買いづらい!?

バ、バッキャロウ そこになおれ!!!

何が「買いづらい」だコノヤロウ、一体何がダメなんだ!
荒木の文字か!?ジャイロのクチビルか!?

 

どれをとってもいとおしいわ!!!

大体な、先月なんてこんなんなのだぞ!
それよか100万倍マシだろう!
分かったか!?分かったのならばよしッ!!!
さっさとレジ行ってきなさい!

で、本編ですよ!

誌面を移したので、新たな読者にも今までのストーリーをわかってもらうために
今までのストーリーの流れを掻い摘んで掲載する、そういうものだと思っていましたが!

アオリにも「荒木飛呂彦UJに登場ッ!本格再開を目前に控えた[プロローグ編]!!ってありましたしね。
これは当然の措置だと思ったし、一話ぐらいは仕方ない、
描き下ろしってだけで素晴らしいことなのでストーリー上の展開は期待していなかったのですが、!

 

 

バリバリ進んでますよ!?

ゾンビ馬出てきました!

登場人物の説明すら一切ナッスィン!!!
開幕から疾走するジャイロ&ジョニィ!
初めて読んだ人は「一体コイツらはダレなんだッ!」と思うことでしょう。
そしてらもう虜ですよ。
もうSBRが気になっちゃって仕方ない。
「なんで脚がズタボロなの?」
「ゾンビ馬って何よ!?」
「なんで糸で縛ってんだ?」
ぶっちゃけそれは既存の読者でもわかんないのですが
そのへん実にウマイですねぇ荒木先生!

そして語られる主人公:ジャイロ・ツェペリの背景。
血筋やレース参加の動機など、初めての人にも既存の読者にも気になっている部分が明らかになります。
それも荒木節全開で!!!

きさまはもうただでは済まないッ!

たまらんたまらん!
(城島リーダーみたいなノリで)

 

そしてゾンビ馬。
なんとスタンド能力かと思ったら、ただのきたない糸でした!(ジョニィ談
でもなんかこの糸で縫えばある程度は治療ができるそうです。
吹っ飛ばされた肉片くっつけるくらいは!

程度広ッ!Σ(゚Д゚;

くっついちゃうんですか!?
ロォォォードとか声も聞こえませんが!

スゴイなあ。
ネアポリス王国スゲーよ。
ホントにどういう原理なんだ。
ジョニィびっくり。
これもスタンド能力なのか!?

 

ジャイロならきっとこう言うでしょう。

 

いや………

オレのは技術(ワザ)だ!

 

さて次号はいよいよレース再開!
2nd.STAGEもゴール間近の模様です!

 

P.S.
UJには巻末コメントがない模様です…!
こればっかりはToBeContinuedが変わってしまったのと同じくらい残念です。。。

 

 

【追記】

とうとう始まりましたね UJ・SBR!
しかも直筆サイン入りデジタル複製原画の懸賞もありました!
やはりこういう付録部分だけでもUJに移ったメリットはあると思います!
ポスターとかマジ期待できそうです。
(懸賞もWJとかに較べると発行部数自体がすごく違うので、ぶっちゃけ当たりやすいのではと)

で、そのUJですが、WJと違って年齢層が高めに設定されてます。
ま、僕は年齢的にはWJよりこちらのほうが買いやすいのですが。
(というか、いい加減マンガなど卒業する歳ナノデハ…)

で、何が言いたいかというと、SBR以外のマンガのことです。
いくらなんでもSBRだけの為に毎月買うのは勿体無いと思うのです。
そしてさらに残念なのが、雑誌の購入をやめるという人も少なくないようなのです…!
UJ連載中のマンガを読んでみましたら、面白いマンガはちゃんとあります。
WJでも連載していたことのある鈴木央先生の「僕と君の間に」や
ずっと前から単行本で読んでいる「銃夢LastOrder」。
僕はあまり読まないのですが大暮維人の人気作「天上天下」。
そしてお馴染み(!?)「BASTARD!」などなど…
他にも初めて目にしましたが他にも結構粒揃いです。
そりゃWJに比べるとツッコミ入れられる作品は極少ですが。。。

ゆとり教育以前。
ジャンプフェスタにて、小中学生の来れない土曜の午前中に荒木枠を持ってきたことからも!
UJの誌面に移ったことは適材適所と言えると思います。
何より低年齢層に嫌われて打ち切りになる可能性がグッと低くなったのは喜ばしいことではありませんか。
編集部もコレに賭けてる部分があるとのことでしたので、荒木信者の底力を見せるには良い機会です!

他のマンガを読まず嫌いで済ましているアナタ!
その行為は我々荒木信者が長年辛酸を舐めさせられていた行為と同じなのですよ!?
画がキモチワルイ。
読みにくい。
分からない。

etcetc…

食わず嫌いは荒木信者が最も忌むべき行為のハズ!
殺人も神は許してくれるでしょう!

というわけで、私黒鈴は断然購入派の立場を採らせてイタダキマス!

出典) 『STEEL BALL RUN』 荒木飛呂彦/ウルトラジャンプ・集英社

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

SBR感想一覧