2004WJ47号SBR感想 「山岳地帯の追撃」

| 2004.10.18 (Mon) 12:02 AM | [SBR感想, [荒木IZM] | ←前■TOP■次→ |

逃げるオエコモバ。追うジャイロ&ジョニィ。

ゾンビ馬の争奪戦です。
ジャイロは負傷した右足の治療のため、ジョニィもまた不随である下半身の治療のために、是が非でも疲れとキズを癒してくれるというゾンビ馬を手に入れなければなりません。
対するオエコモバは、ゾンビ馬を押さえてしまえば自らの勝利は確定したも同然です。

オエコモバのスタンドのヴィジョンが描写されました。
どうやら今回スタンドの名称は、特に決められていないようです。
そしてアンドレの時もそうでしたが、スタンドのデザインは非人型が多いです。
そのため、特殊能力が特筆されるばかりで、スタンド同士の戦闘というものは今まで皆無。
SBRはこういう路線で描かれるのかもしれませんね。

 

 

 

『蜂の巣』だ―――ッ!!

ビックリしました?
ちょっとジョニィになったつもりで驚いてみました。

爆弾蜂が襲ってきます!
ジョニィ:「一匹一匹切り飛ばすしかない『オレの指のカッター』でッ!」
ジャイロ:「ここから鉄球をブチ込む!!」
どっちも締まりの無い技名です!
敵は『触ってピンが飛んだら爆発』する能力とか呼んでました。
もう名前なんてどーでもいいんでしょう。

そしてオエコモバ。
数々の攻撃はこれまでの布石でした。
「水」「蜂」そして「煙」!

ジャイロの口が爆裂します。
「呼吸を止めろ!馬にも呼吸させるなッ!」

イヤそれは無理だろう。
馬に呼吸止めろってそりゃいくらなんでも無茶ですよ。

気体までもがその影響を受けるとはオドロキです!
しかし、通常の空気は爆裂しませんでした。
どうやら不可視であるものは爆弾化できないようです。
実にッ!実に読者思いな能力です!

 

そしてクモの糸。
気付いたオエコモバ、叫びます。

オ:「ブッち切ってやるぜッ!!」

 

こういうくだらない事に対して必要以上に気合入れてしまうと、もう死亡フラグ。

糸を切ろうと引き寄せたな
つまり!射程距離を引き寄せた!
ザリガニも食ってその爪の回転でパワーアップ!

左腕を関節ごと右回転!
右腕のひじの関節ごと左回転!
けっこう呑気してたオエコモバも 鉄球が一瞬巨大に見えるほどの回転圧力にはビビったに違いない!

 

 

 

いっぱあああああつッ!!

 

 

大正製薬からCMのオファーがくるんじゃあないかコレッ!

 

 

 

 

 

「このまま突っ走るぞ!ジョニィ!」
「これで依然レースでも1位2位は!!」

ジ&ジ「オレたちだッ!」

 

 

 

 

マウンテン・ティムはどうした!?

イケメン、ジャイロの巻き添え食った上,あんなに必死に敵の能力を解説したのに

放置プレイ!

 

ファイト!イケメン!

(リポDに掛けまくりだ\(゜▽゜*)) 

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

SBR感想一覧