2004WJ37・38号SBR感想 「ツェペリ一族」

| 2004.08. 9 (Mon) 1:52 AM | [SBR感想, [荒木IZM] | ←前■TOP■次→ |

ジョニィ ツエ――――――(`・ω・´) シャキーン

 

 

 

爪の回転でブンブーン一家を一蹴!

ブンブーン父は死亡(?)
ブンブーン弟は再起不能!(たぶん)
アンドレ兄さんは…

 

 

 

 

 

 

 

どーなったの!?

 

 

 

 

今週はジャイロの、いやツェペリ一族についてのエピソードです!

いやーいいもんですねェ、このツェペリ一族ってフレーズ!
やっぱりツェペリ一族といえば先祖代々ですよねェ~~~!
あと、…薄命ってコトですか。

ついにツェペリ一族の秘密が明かされます!
その手始めにジャイロパパの登場です!

なンて立派なモミアゲ…

そしてアゴヒゲの美しい幾何学模様…

 

ファンタジーだッ メルヘンだッ

素数を数えて落ち着く人ほどではアリマセンでしたがナカナカのもんです!

 

 

そしてワタクシ、たった今気付きました。
このパパさまのアゴヒゲを見て。

ジャイロのエラとかアゴに付いてるパネルみたいなもんヒゲだったんですね!?

よくよくみれば、髪の色とおんなじでした!

 

ちょっと脱線しましたが、本編です。

そしてツェペリ一族の宿命…
そのキーポイントであった法務官とは…

それは刑の判決と死刑の執行を行うもの。

それがツェペリ一族の任務だったのです。

 

ンン~~~~なルほどッ!

てことは、父親がマルコ少年の冤罪に加担しているのでしょうか。
380年の任務に逆らったわけですから、パパは捕まっているのでしょう。

父親を助け出すために、その為にはマルコの冤罪を立証せねばならないのでしょう。
その再審を行うための費用を得るために、このスティール・ボール・ランレースに参加したのです。

きっとジャイロはまだ法務官ではないのでしょう。
てことはジャイロの御年は25歳未満に絞られました! 
(※でもどうも違うらしい…25,6?)

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

SBR感想一覧