2004WJ33号SBR感想 「ブンブーン一家」

| 2004.07.12 (Mon) 1:38 AM | [SBR感想, [荒木IZM] | ←前■TOP■次→ |

マサカとは思うんですけど、この漫画、人気ないなんて事は無いですよねェ!?

掲載順が超心配。

 

さて、ブンブーン一家ですが…

全然噛ませ犬ではありませんでしたッ!

どうやら一家そろってスタンド使いの模様。
確認できたのは、

アンドレ・ブンブーン「体内に異物を混入し、磁力を発生させる」能力。
ベンジャミン・ブンブーン「物体を指定した大きさまで削り取る」能力。
弟のL・A・ブンブーンの能力までは明かされませんでしたが、ここでは未知のままでしょう。
アンドレ兄さんも一家で一番優秀とか言われているので、まだ未知の能力を秘めているかもしれません。

そして、どうやらジャイロ一行は逃亡する作戦のようです。

これでブンブーン一家は引き続き敵キャラとして描かれるわけですね。

しかし、僕の予想って全然当たりませんねぇ~~~~~~(´д` )

 

そして今回、ポコロコ以来、初めてスタンドのヴィジョンが描かれました!
6部の時のもさっと感が無くなってて、とてもいい感じです。
完全に未知の生物型を取っており、脚がたくさんあるところなど悪魔を連想させます。

実にッ!実に楽しみであります!

そして重要なのは、このヴィジョン、我らがジャイロにも見えておりました。
ジャイロ自身はまだ自覚していないようですが、ジャイロにもスタンド能力が秘められていると考えてよいでしょう!

アンドレ兄さん、まさかアレで終了ってことは無いと思いますが…
アレで終了ならば、弟のL・Aが覚醒するのでしょうね。
今のところ頼りないですが、兄貴の死を乗り越えて覚醒するパターンは、僕らはもう経験済みです。
兄貴レヴェルが違いますがね…

ブラボー…おお…ブラボー! 最初ブラボタンにしようと思ったけど、なんかやらしいからやめたんだぜ

SBR感想一覧