« 皐月賞 予想 | ハロンボウ トップ | NHKマイルカップ 予想 »

2008年05月04日

■[GoodChoice!] 天皇賞(春) 予想

2008年3回京都4日( 5月 4日) 11R  15:40発走
第137回 天皇賞(春)
京都 芝・外3200m(D)サラ系4歳上 オープン (定量)(国際)(指定)
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
  1 1 サンバレンティン  7 佐藤哲三 58kg       スペシャルウィーク ノーザンテースト
  2 2 アドマイヤフジ   6 川田将雅 58kg       アドマイヤベガ Be My Guest
3 3 アドマイヤモナーク 7 安藤勝己 58kg       ドリームウェル トニービン
  3 4 ホクトスルタン   4 横山典弘 58kg       メジロマックイーン サンデーサイレンス
  4 5 トウカイエリート  8 上村洋行 58kg       サンデーサイレンス ナイスダンサー
  4 6 アドマイヤメイン  5 福永祐一 58kg       サンデーサイレンス ヘクタープロテクタ
  5 7 ドリームパスポート 5 松岡正海 58kg       フジキセキ トニービン
5 8 メイショウサムソン 5 武豊   58kg       オペラハウス ダンシングブレーヴ
  6 9 ドリームパートナー 8 和田竜二 58kg       エリシオ サンデーサイレンス
  6 10 ポップロック    7 内田博幸 58kg       エリシオ サンデーサイレンス
7 11 トウカイトリック  6 幸英明  58kg       エルコンドルパサー Silver Hawk
  7 12 アイポッパー    8 藤田伸二 58kg       サツカーボーイ サンデーサイレンス
8 13 アサクサキングス  4 四位洋文 58kg       ホワイトマズル サンデーサイレンス
  8 14 アドマイヤジュピタ 5 岩田康誠 58kg       フレンチデピュティ リアルシヤダイ

黒鈴の思い込み

アサクサキングス

昨年の菊花賞馬。当初はマイラーかと思われていたのですが、ダービー2着、菊花賞で優勝と、自分のペースを維持する事によりスタミナ戦で真価を開花させるタイプという事が分かってきました。このあたりの特性を百日草特別で早くも看破していた横山典騎手はサスガであります。(血統の観点からも、イングランディーレのように自分のペースで走る事で長距離もいけるタイプだ、と言っていた)
菊花賞の後は疲れが残り、有馬記念を回避して休養に入りましたが、休み明けの産経大阪杯で59kgのトップハンデを背負いながら、実力と成長を見せつける3着。同世代の牝馬には道を譲ってしまうクセがあるようですが(ウオッカとかピンクカメオとかダイワスカーレットとか)、ここはそんな牝馬もいないので大丈夫でしょう。菊花賞3着のロックドゥカンブが有馬記念で4着、2着のアルナスラインがOPとはいえメトロポリタンSで1秒ぶっちぎるなど、相対的な能力比較の面からも十分通用すると思われます。
問題は自分のペースでいけるかどうか。菊花賞は明らかにノーマーク好位のウイニングポジションからの抜け出しだった事に対し、今回は1番人気を背負った立場。加えて外枠を引いてしまい、巧くポジションが取れれば良いですが、ヘタをすれば好位も取れないまま距離損までくらってしまいそう。細かいところで言えば、前走エイシンデピュティに差し返されているのも不満といえば不満が残るところです。なにげにペースは落ち付きそうにはないので無理をせずにペースを守って立ちまわれば、位置取りはあまり関係なさそうに思えます。今一つ勝ちパターンが見えないので不安ではありますが、こいつ中心で。

トウカイトリック

スタミナが豊富な産駆を多数輩出するエルコンドルパサー産駆の中でも、それが顕著に現れている「走るスタミナタンク」こと、トウカイトリック。3000m以上のレースでの信頼度は高く、成績は[2-3-3-3]となかなかの安定感。しかし、特筆すべきは3000m以上のレースにこんなにも出走している事であり、如何にステイヤーとしての資質があるかを物語っていると思います。そんなステイヤー資質の馬が、前走の阪神大賞典で0.6秒差の4着。能力の減退がイメージされるかと思いますが、そうではないと思います。というのも、今年(に拘らず近年のものはすべて)の阪神大賞典は時計がかなり遅いというか、ラップが緩い。本番となる天皇賞とは性質が異なっていると考えます。ならば阪神大賞典組は切りでOK!となってしまいそうですが、実はそうではありません。このラップにより恩恵を受けた馬とそうでない馬がいる点に注目しなくてはいけないのです。結論から言えば、恩恵を受けた馬というのはアドマイヤジュピタ、アイポッパーの2頭であり、少なくとも今回はこの2頭には先着すると思います。(ちなみに産経大阪杯は天皇賞のラップに近いです。この事が、距離は大きく違っても好走馬を出している理由と考えます。)今年も万葉Sを制し、まだまだ能力の衰えは見せていない同馬。ちょっと外目の枠になりましたが、馬格がある馬ではないので内で揉まれて抜け出せないよりはマシかと思います。あまり速い上がりは出せないので、坂の下りで後手に回らずに巧く加速出来れば戴冠のチャンスまであるとみます。

アドマイヤモナーク

今回4頭出しのアドマイヤ軍団の一角を担うドリームウェル産駆。天皇賞・春への出走はなにげに3回目となる同馬。過去の実績から言えば見込は限りなく薄いのですが、昨今の充実ぶりと距離適性でチョイスしました。脚質が後ろからいくタイプなのでそんなレースをすれば用なしなのですが、ある程度前に付けることが出来れば善戦できそうな気がします。すぐ外のホクトスルタン、さらに外のアドマイヤメインが前を横切るでしょうが、中途半端に速い馬に前をウロチョロされるよりは行ききってもらった方が立ち回り易そう。中団のインにでも付けられれば勝負できるのでは。もしくは、思い切って後ろまで下げて、スタミナ勝負の大捲り敢行か。アンカツなのでたぶん前者だと思いますが。高齢も気になりますが、アドマイヤ軍団からはコイツを抜擢。

メイショウサムソン

天皇賞三連覇がかかるオペラハウス産駆。前走・産経大阪杯は鞍上ですら敗因不明の惨敗。そのレースで上位に来た馬が、成長を見せつけるかのように大幅プラス体重で出てきた4歳世代。世代交代が囁かれても無理はありません。しかしこのレースは、ドバイ遠征や香港も当初は視野に入れていたサムソンにとっては仕上げが難しかったレース。有馬記念も内枠発走から後方に下げて大外進出という、およそ勝てるレース運びではなかったので度外視してもよさげな感じがします。しかし、見せ場すらなかったのも確かですし、転厩先の厩舎にしても今年は未だに1勝もできていないという状態。馬にしろ、厩舎にしろ、一変があるとは考えにくいのでここはやや軽めの評価で。見せ場のなかった大阪杯ですが、実は昨年よりも2秒以上タイムは縮めている事実はひょっとしたら好材料なのかも。でも、並んだら抜かせないサムソンが何の抵抗も見せなかったのは、キモチの問題だとしてもマイナス材料と見るほかありません。

黒鈴のひとりごと

実績のある馬もいるのに、スランプやらなんやらで混戦ムードを漂わせている今年の天皇賞・春。どの馬の勝ちパターンも浮かばないというのが正直なところです。故に展開予想とかもまったく自信ない。上手く立ち回った馬が勝っちゃいそうな気さえします。まあそれは殆どのレースで言えることかもしれません。ああくそめんどくせー!いっその事、ダイワスカーレットが出て勝っちゃえばいいのに!というか、出たらホントに勝ちそうで怖い。

 
以下、他の馬の評価。


  サンバレンティン。ローカルハンデ重賞の一発屋がなぜこんなところに?

  アドマイヤフジ。ズブいので距離はもつのかと思われがちなのだけど、そうではない事がだいぶ前に発覚してます。下り坂はプラスでしょけど、距離はもって2400m。

  ホクトスルタン。いや、サンシャインSぶっちぎりとはいえこの人気はないだろうwww。距離適性と横典の組み合わせが魅力なのはわかりますが、いくらなんでもな人気です。重賞どころかOPすら勝ってないないです。エリモエクスパイアだって重賞連対くらいありましたよ。

  トウカイエリート。トウカイの片翼という事でトリックのためになんかしてくれると嬉しいのだけど、去年も何もしてないので今年も一緒でしょう。

  アドマイヤメイン。アドマイヤの一翼。アドマイヤのためになんかしそうなニオイがプンプン。今年も福永くんがやらかしたらどうしよう。

  ドリームパスポート。サムソンと共に一時代を築いたフジキセキ産駆。タイトルはサムソンと比較するまでもなく、というかただの3勝馬ですが、実力は拮抗していたと思います。それが骨折、転厩を経てスランプに。故障からの復帰が難しいというのもあるでしょうが、今年の成績と相手を考えれば厩舎のレベルも西高東低とされても仕方ないような印象です。どれも僅差とはいえ、どうでもいいメンバーに負けすぎ。得意の京都とはいえ、一発逆転は厳しいんじゃないかと。

  ドリームパートナー。重賞、OPどころか1600万すら勝ってない。なぜ出れるのかふしぎ。健闘されても困るだけであります。

  ポップロック。距離はメルボルンCの実績もあるのでなんとか持ちそうなのだけど、豪州のレースと京都のレースは求められるものが違うと思う。鞍上も名手なのだけど、経験が殆どない京都コースで、しかも3200mとなればキツイでしょう。コーナー周る回数が多いのは、大井の小回りで鍛えられた経験が活きそうだけど、坂の仕掛けどころはどうだろう。

  アイポッパー。サッカーボーイだし気になるのだけど、どうも阪神大賞典でベストパフォーマンスを発揮するタイプぽいし、仕上げも前走が目標だった感があるのでパス。

  アドマイヤジュピタ。ここにきて圧倒的な安定感と実績で人気を集めてますが、フレンチデピュティ産駆が天皇賞勝つイメージが湧きません。阪神大賞典での勝ちもハマった感があるし、枠順も微妙。鞍上岩田騎手は少し気になるけれど、ここはバッサリ切りで。

 

追記 08/05/04 14:00
よくわからないんですが、印の順位だけ変えました。
◎トウカイトリック
○アドマイヤモナーク
▲メイショウサムソン
△アサクサキングス

差し決着になりそうな気がしてきたYO!

競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/212

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)