« 桜花賞 予想 | ハロンボウ トップ | 皐月賞 予想 »

2008年04月19日

■[GoodChoice!] マイラーズカップ 予想

2008年2回阪神7日( 4月 19日) 11R  15:45発走
第39回 読売マイラーズカップ
阪神 芝・外1600m(B)サラ系4歳上 オープン (別定)(国際)(指定)
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
1 1 マイネルポライト  5 池添謙一 57kg       アドマイヤベガ Blushing Groom
  2 2 オースミグラスワン 6 川田将雅 57kg       グラスワンダー リンドシェーバー
  2 3 カンパニー     7 横山典弘 58kg       ミラクルアドマイヤ ノーザンテースト
3 4 ショウワモダン   4 岩田康誠 57kg       エアジハード トニービン
3 5 ハイアーゲーム   B 7 藤岡佑介 57kg       サンデーサイレンス Law Society
4 6 エイシンドーバー  6 福永祐一 58kg       Victory Gallop Kris S.
  4 7 ゲイルスパーキー  4 北村宏司 57kg       サクラバクシンオー ランズダーン
5 8 ナスノストローク  7 小牧太  57kg       エアジハード ドクターデヴィアス
5 9 マルカフェニックス 4 武幸四郎 57kg       ダンスインザダーク Miswaki
  6 10 ダイナミックグロウ 4 小林徹弥 57kg       テイエムオペラオー A.P. Indy
  6 11 ニシノマナムスメ  4 吉田隼人 55kg       アグネスタキオン Majestic Light
  7 12 スターイレブン   8 幸英明  57kg       トウカイテイオー Baby Turk
7 13 キングストレイル  6 安藤勝己 57kg       サンデーサイレンス ノーザンテースト
  8 14 コンゴウリキシオー 6 藤田伸二 58kg       Stravinsky Hansel
  8 15 ドリームジャーニー 4 武豊   58kg       ステイゴールド メジロマックイーン

黒鈴の思い込み

キングストレイル

前走は得意の中山マイルでまさかの凡走。このことから調子が芳しくない可能性がありますが、人気もないのでここはもう一度追ってみようかと。阪神コースは形態が中山に似ているし、鞍上は強化。渋った馬場が若干気になるところですが、この馬は切れ味で勝負するサンデーではないので逆にお誂え向きと言えるでしょう。叩き2走目で巻き返しのチャンス。不安材料は外にいるコンゴウリキシオーが前をカットしてきそうな事。そこはアンカツのスタートに期待する他ない。

マルカフェニックス

重賞戦線に参入してから壁にブツかったダンスインザダーク産駆。底が見えたとするのも当然ですが、この馬は未勝利から4連勝でOP入りの馬。下級条件でもクラス慣れが必要なところをすっ飛ばしてきているのでそれも当然と判断します。初の重賞で5着入線も降着、返す刀でチャレンジしたGⅠでは、前で踏ん張りつつも後続に呑まれました。結果が伴わなかったとはいえ、頂点を経験した事は糧になっているはず。見方を変えれば、初めてのグレードダウンレース、所謂「自己条件に戻った」というヤツです。ここは狙うが吉。

エイシンドーバー

条件的に合っているとはいえない中山記念で巧く捲りあげて2着。ベスト1400mであるこの馬にとって距離短縮はストレートに好材料。重い馬場もこなせるし、前に行けるのも強み。気になるのは前年度のレースで結果が振るわなかった事か。

マイネルポライト

前走の心斎橋Sでは差し届かずの2着。勝ち馬はその後阪神牝馬Sを勝ったエイジアンウインズなので、相対比較でここでもそこそこ通用するはず。そしてなにげに阪神マイルのレコードホルダーなので一発までありそう。問題は脚質の割りに内枠を引きすぎた事か。どう捌くかがキモ。

ハイアーゲーム

04'のダービーで、キンカメ、ハーツクライの3着に入ったサンデー産駆。気性と脚捌きの問題からムラッ気があり、そのため結果になかなかつながりませんでしたが、徐々にそれも落ち着いてきた模様。とりあえず鳴尾記念を評価。エイシンデピュティ、アドマイヤフジ、アドマイヤオーラの骨っぽいメンバーを王道競馬で退けているので、同じようなレースができれば通用するでしょう。ここ2戦も僅差だし、差はないと見ます。東京新聞杯では3角から4角でモタついていましたが、そのレースと同じジョッキーなら同じ轍は踏まないでしょう。

ナスノストローク

後方から一発屋。突き抜けるには展開の助けが必要ですが、一応警戒。どれだけ離されずに直線に向くかが勝負。3着があるかな?ないかな?くらいの狙いで。

黒鈴のひとりごと

雨は予想より早く上がったようです。馬場も発表では芝・良と回復しているようですが、ダートが重のままな事実から水分量は推して知るべし。気になる馬が多数いますが、今日はバッサリの方向で行ってみます。カンパニーの前走は先行策が展開ともにハマりまくった感があります。同じことができればここも勝つかもしれませんが、なんだかんだで善戦マン。人気も考えるとあまり買いたくない。コンゴウリキシオーは昨年度のローテ&着順が酷似している(昨年:中京記念で12着→人気落ち、今年:中山記念で13着)ので押さえようと思ったのですが、追い切り見る限りまだ重めだし、思った以上に人気があるようなので切ります。GⅠ馬ドリームジャーニーは揉まれ弱い馬が外枠を引いたので気にはなったのですが、デビュー以来まったく成長してない馬体を見るとどうかな?と。人気がなかったら押さえておきたいですが、今回はうまみがないです。さっくり切った馬はこんな感じで、気になりつつ手が回らないのがショウワモダン。岩田騎手だし先行策から押し切りがありそうで怖い。馬格があるので別定戦による斤量増加はあまり自己の能力には影響なさそう。他との比較は考えなくてはいけないかもしれないけど。ナスノストロークを切ってこちらを買うかもしれません。あとは…オースミグラスワン。スランプからは脱出したようで押さえておこうかという一頭なのだけど、マイネルポライトの方が妙味があったのでそちらを選択しました。ニシノマナムスメがもっと人気になるかと思ったのだけど、そうでもなかったなあ。微妙に押さえたくなるオッズだw。

競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/208

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)