« シルクロードステークス 予想 | ハロンボウ トップ | きさらぎ賞 予想 »

2008年02月17日

■[GoodChoice!] ダイヤモンドステークス 予想

2008年1回東京6日( 2月 17日) 11R  15:35発走
第58回 ダイヤモンドステークス
東京 芝3400m(D)サラ系4歳上 オープン (ハンデ)(国際)[指定]
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
  1 1 コンラッド     B 6 田中勝春 55kg       ダンスインザダーク Nureyev
  2 2 ブリットレーン   9 田面木博公 48kg       サクラローレル サンシヤインボーイ
  3 3 ゴーウィズウィンド B 9 北村宏司 51kg       フレイズ テスコボーイ
3 4 トウカイワイルド  6 内田博幸 55kg       サンデーサイレンス Mr. Prospector
  4 5 チェストウイング  7 田中博康 53kg       スペシャルウィーク トニービン
  4 6 ミストラルクルーズ 5 横山典弘 53kg       エルコンドルパサー サンデーサイレンス
5 7 ラムタラプリンス  7 丹内祐次 51kg       ラムタラ タイトスポット
5 8 アドマイヤモナーク 7 安藤勝己 57.5kg       ドリームウェル トニービン
  6 9 エーシンダードマン 4 松岡正海 53kg       ダンスインザダーク Woodman
6 10 ブラックアルタイル 6 吉田隼人 55kg       アドマイヤベガ Slew o'Gold
  7 11 マンハッタンスカイ 4 柴田善臣 53kg       マンハッタンカフェ Go for Gin
  7 12 エフティイカロス  4 蛯名正義 53kg       アグネスタキオン トニービン
8 13 レーザーズエッジ  6 大野拓弥 50kg       グラスワンダー アサティス
  8 14 テイエムプリキュア 5 酒井学  50kg       パラダイスクリーク ステートリードン

黒鈴の思い込み

ブラックアルタイル

前走AJCCで3着に入線したアドマイヤベガ産駆。中山と府中はコース適性がガラリと変わるため、AJCC組は不審になりがちなのですが、この馬は勝ち鞍がないだけでどちらかと言えば府中の方が向いていると思います。ズブい代わりに長く良い脚が使えるので、スタミナ戦のここで台頭できるのでは。ペースも遅くなりそうだし、前に行ける脚があるのはプラス材料。
不安要素は、アドマイヤベガ産駆は重いスタミナタイプでも2500mあたりが限界ぽいところ(例:アドマイヤフジ)。それが克服できれば通用するでしょう。

アドマイヤモナーク

前走、日経新春杯で初重賞勝ちを収めたドリームウェル産駆。万葉S、ステイヤーズSでも好走しているので距離的な面のアドバンテージが大きいと見て対抗に。後ろから行く脚質が不安と言えば不安材料。ハンデは問題ないと思われます。

レーザーズエッジ

格下クラスの軽ハンデ馬から抜擢した理由は、美浦特別でラムタラプリンス、エフティイカロスらと対戦し、それなりの戦績から。今回は斤量面で大きなアドバンテージがあるのでエフティイカロスよりは上位に来れると判断しました。

トウカイワイルド

近走成績があまりよくないけれど、重賞勝ちのある馬。とかく内田騎手が鞍上の時は好成績なので押さえに。枠順からも前に付けられると面白い。

ラムタラプリンス

今一歩何かが足りないラムタラ産駆。この手の馬は勝ちきる決め手がない反面、非常にしぶといのが特徴。ラムタラ産駆は特にそういう面があります。軽ハンデを活かしてどこまで粘るかに期待。

黒鈴のひとりごと

毎年なかなか難解な一戦。開催替わりからの参戦が多いハンデ戦とくれば、それも当然かもしれません。僕はこのレースはとりあえず後藤騎手から買えばいいやとか思ってるのですが、その後藤騎手が今年はいない。指標を失ってだいぶ悩みました。代役というわけではないですが、期待してるのは内田騎手のトウカイワイルド。

■■■ 当レース結果へ(確定後) ■■■
競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/178

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)