« 有馬記念 回顧 | ハロンボウ トップ | 京都金杯 予想 »

2008年01月05日

■[GoodChoice!] 中山金杯 予想

2008年1回中山1日( 1月 5日) 11R  15:25発走
  第57回日刊スポーツ賞中山金杯
中山 芝2000m(C)サラ系4歳上 オープン (ハンデ)(国際)[指定]
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
  1 1 フサイチホウオー  4 鮫島良太 56kg       ジャングルポケット サンデーサイレンス
  1 2 シルクネクサス   6 松岡正海 56kg       グラスワンダー スターリフト
  2 3 メイショウレガーロ 4 田中勝春 54kg       マンハッタンカフェ Carson City
2 4 トウショウナイト  7 武士沢友治 58kg       ティンバーカントリー Java Gold
  3 5 タイキヴァンベール 8 吉田隼人 54kg         Rubiano Lyphard
3 6 サイレントプライド 5 横山典弘 57kg       フレンチデピュティ サンデーサイレンス
  4 7 ブラックタイド   B 7 蛯名正義 56kg       サンデーサイレンス Alzao
4 8 アサカディフィート 10 小牧太  57.5kg       パラダイスクリーク Alydar
  5 9 ヒラボクロイヤル  B 4 武幸四郎 54kg       タニノギムレット Mr. Prospector
  5 10 ヤマニンアラバスタ 7 柴田善臣 54kg       ゴールデンフェザン タマモクロス
  6 11 カオリノーブル   9 左海誠二 52kg       ペンタイア ブレイヴエストローマン
  6 12 センカク      6 江田照男 53kg       マーベラスサンデー Exuberant
  7 13 アドマイヤフジ   6 川田将雅 57.5kg       アドマイヤベガ Be My Guest
  7 14 グラスボンバー   8 勝浦正樹 57kg       Machiavellian Nureyev
8 15 エアシェイディ   7 後藤浩輝 57kg       サンデーサイレンス ノーザンテースト
8 16 トウショウヴォイス 6 小林淳一 53kg       ラストタイクーン キンググローリアス

黒鈴の思い込み

トウショウナイト

明けて7歳になるティンバーカントリー産駆。ここのところの成績は、相手関係やレースのグレードを考慮すれば致し方ないといったところかと思います。距離ももう少し長い方が良いと思われそうですが、毎年スタミナ勝負になる中山金杯なので、むしろ好条件。前走は60kgを背負って出走してきましたが、あれは明らかに中山を意識した叩き台と見ます。程よい枠から好位追走でしぶとく抜け出すシーンを期待します。

エアシェイディ

永遠のOP馬。重賞となると、前に行けば掬われ、後ろから行って足りない馬で、勝ちパターンに入ってたはずの中山記念でローエングリンに逃げ切られた時にはそういう運命なんだなと思ったものです。しかし、勝ちきれないけど堅実度はなかなか。珍しくそれほど人気を背負っていないのでいい感じです。ひょっとしたら、単勝だけ売れてないのかもしれませんが。あんまり後ろから行き過ぎるといつものパターンになるので、そこそこの位置につけて欲しいですね。後藤君ならそういう騎乗をするのではないかと思います。

アサカディフィート

セン馬なのに、寒くなると走り出す。そろそろかなーと思って本命打つ準備をしていたら、前走のディセンバーSで既に劇走済みとは迂闊でした。しかしこの季節に調子を上げるのは確かな事実。もういくらなんでも今年がラストになるんじゃないかと思うので、引退する前においしい思いをさせて欲しいです。

トウショウヴォイス

大跳びなので新潟や府中のような広いコースが向いているのは確かなんですが、今回は大外枠だからあまり小起用さは関係ないかなと思って押さえに。距離的に不利があるのは確かですが、走りにくさと天秤にかけてみて、どっちを取ったかという話です。

サイレントプライド

前走は休み明けのディセンバーSを圧勝。しかしペースや位置取りの恩恵が強い印象は否めないような気がします。中山も得意なんだけど、どうも新潟で強いという印象が拭えません。2000mというイメージもあまりないのがマイナスポイント。何より、一番人気のノリというのがニンともカンとも。

黒鈴のひとりごと

みなさま、あけましておめでとうございます。
昨年は予想も抜け抜けになってしまってて、今ひとつ情熱に乏しかったように思います。今年は気分を入れ替えて頑張りたいと思います。ホントはいきなり挫けそうになってましたけどもw。
 
さて2008年最初の重賞となります中山金杯。やはりなかなか難しく、一筋縄ではいかなそうです。印を打った馬以外にも気になる馬がいて、例えばシルクネクサス。いかにも来そうな血統で、馬体重次第かなーと思うのですが、とりあえず切りました。あとはアドマイヤフジ。良くも悪くもSS系らしくない重厚さを持つ馬なのでレースに合っているかなと思いましたが、人気がそれなりにあるのとトップハンデという事で敬遠しました。ハンデはあまり関係ないかもしれませんが、人気はやです。鞍上が福永くんなら買ってましたけども。
とりあえず、人気落ちしてる実績馬を狙ってみました。あまり相性が良くないこのレースですが、当てに行きます。

■■■ 当レース結果へ(確定後) ■■■
競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/140

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)