« マイルチャンピオンシップ 回顧 | ハロンボウ トップ | ジャパンカップダート 予想 »

2007年11月23日

■[GoodChoice!] 京阪杯 予想

2007年5回京都9日( 11月 23日) 11R  15:40発走
第52回 京阪杯
京都 芝1200m(C)サラ系3歳上 オープン (別定)(国際)(特指)
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
  1 1 アポロティアラ   3 小牧太  53       パラダイスクリーク Topsider
1 2 アルーリングボイス 4 秋山真一郎 54       フレンチデピュティ End Sweep
2 3 サープラスシンガー 3 木幡初広 55       Songandaprayer Ghazi
  2 4 スピニングノアール 6 福永祐一 56       スピニングワールド Forty Niner
  3 5 サイキョウワールド 5 池添謙一 56       パントレセレブル サンデーサイレンス
3 6 ブラックバースピン 4 四位洋文 56       Put It Back Dixieland Band
  4 7 タマモホットプレイ 6 渡辺薫彦 57       フジキセキ ノーザンテースト
  4 8 マイネルアルビオン 5 M.デムーロ 56       マイネルラヴ ダンサーズイメージ
5 9 サンアディユ    5 武豊   57       フレンチデピュティ Caerleon
5 10 コパノフウジン   5 O.ペリエ  56       ヘネシー スキャン
  6 11 ペールギュント   5 C.ルメール 57       サンデーサイレンス Lyphard
  6 12 メジロマイヤー   8 幸英明  56         サクラバクシンオー サツカーボーイ
7 13 カノヤザクラ    3 上村洋行 53       サクラバクシンオー Woodman
  7 14 タニノマティーニ  7 A.スボリッチ 56       ウォーニング リヴリア
  7 15 クールシャローン  3 長谷川浩大 53       キングヘイロー Mujtahid
  8 16 リキアイタイカン  9 和田竜二 56       アフリート Nijinsky
  8 17 アンバージャック  4 武幸四郎 56       パラダイスクリーク アーミジャー
  8 18 ナカヤマパラダイス 4 岩田康誠 56       パラダイスクリーク Mountain Cat

黒鈴の思い込み

サンアディユ

夏に台頭し、スプリンターズSで1番人気2着に入ったフレンチデピュティ産駆。夏からずっと使い詰めで、更にスプリンターズSでメイチの仕上げをしてきたであろう事、牝馬の身でありながら57kgの斤量は事実上のトップハンデである事を考えるとここは敬遠した方が良いと思っていたのだけど、そんな事を気にしないくらいの勢いの坂路追い切り。これはまさに充実一途であると言えるのではないかと思い直しました。しかし不安材料も投げ打てる程の好材料でもないのも事実。スワンSはスプリンターズSが不振なのだけど、このレースではどうなるかも気になる。間隔が開いているからスワンSのような顕著な傾向にはならないんじゃないかなと思うのだけども。

それにしても鞍上のスイッチは何なのだろう。ユタカの馬になってしまうのだろうか。それは避けて欲しいなあ。

サープラスシンガー

逃げてナンボの馬。テンのスピードがこのメンバーでは図抜けているのでここも先手が取れそう。好都合なのはスタート後、すぐに被せてくるような馬が近くにいないこと。ブラックバースピンもテンの速度が今ひとつなので、マイネルアルビオン、サンアディユあたりまで余裕がある。これならば先手は比較的ラクに取れそうなので評価を上げました。

カノヤザクラ

セントウルSから余裕を持ったローテで臨んできたバクシンオー産駆。バクシンオーは間隔をあけたり休み明けに向いているので、これはプラスに働きそう。セントウルSでサンアディユにつけられた差は、更に2kg拡がった斤量ではカバーしきれないとは思うけど、それ以外には大きい差だと思います。

コパノフウジン

ここのところ今ひとつだけど、昨年の2着馬。サンアディユと一緒に上がって好位を追走できれば良い競馬が出来るのではないかと思っています。揉まれ弱いところがあるので、そこがどうか。鞍上は強化されているので粘り込みもありそう。

アルーリングボイス

早熟馬だと思っていたけど、1200mでは安定してきました。前に行けそうだし、それが何より良い方向に転がりそう。プレンチデピュティのワンツーまであるかもしれません。

ブラックバースピン

ここ2戦後ろからの競馬になっており、テンのスピードに一抹の不安を感じます。しかし、サープラスシンガーのところでも触れましたが、多少遅れてもそれなりの位置につけることが出来そうなので、今回は少し違った競馬が出来そうかなと。

黒鈴のひとりごと

昨年から様変わりした京阪杯。内容も性質もガラリと変わったのに美味しいレースだった事もありアタマが付いていけてません。とりあえず去年の傾向を見ると、「それなりに好位につけてないとダメ」、「3歳馬も通用する」といったところでしょうか。去年よりは速いタイムになると思いますが、前はそれなりに残る傾向のようです。でも、去年はBコースで今年はCコースなんですよね。この辺でまた違ってきそう。
ナカヤマパラダイスを買いたかったのだけど、前走の反省を活かして前に行かないそうなのでガッカリ。前走もそんなにタレてないんだけどなあ。ペールギュントは鞍上効果もあって人気が出てるけどどうでしょうか。平坦は合ってそうですけど人気ほどアテにならない印象。去年勝ったアンバージャックは3連勝で臨んだ去年と違い、ここ3戦は二桁着順。レースの格が違うとはいえ、ちょっと手が出ません。その昨年のアンバージャックと同じ京洛Sをステップに来たのがクールシャーロン。気になるところですがちょっと手が周りませんでした。
 
それにしても、織田祐二のCMはどうにかなりませんか。今年は本当にダメだなあ。夏から本当に酷くなった。JCの時にもまた言う事になるのだろうけど、今やってるJCのCMは特に酷い。BGM無しだとあんなに酷いのかと。お前黙れって感じです。

■■■ 当レース結果へ(確定後) ■■■
競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/125

トラックバック

» ◎サンアディユ 京阪杯(2007年)【血統フェスティバル】予想 from 【血統フェスティバル】blog
【京阪杯】の予想。出走馬・昨年の1〜3着馬の血統を掲載。 [Read More]

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)