« スワンステークス 予想 | ハロンボウ トップ | 武蔵野ステークス 回顧 »

2007年10月28日

■[GoodChoice!] 天皇賞(秋) 予想

2007年4回東京9日( 10月 28日) 11R  15:40発走
第136回 天皇賞(秋)
東京 芝2000m(B)サラ系3歳上 オープン (定量)(牡・牝)(国際)(指定)
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
1 1 メイショウサムソン 4 武豊   58kg       オペラハウス ダンシングブレーヴ
1 2 エイシンデピュティ 5 柴山雄一 58kg       フレンチデピュティ Woodman
  2 3 コスモバルク    6 五十嵐冬樹 58kg       ザグレブ トウシヨウボーイ
  2 4 デルタブルース   B 6 川田将雅 58kg       ダンスインザダーク Dixieland Band
  3 5 ローゼンクロイツ  5 藤岡佑介 58kg       サンデーサイレンス Shirley Heights
  3 6 カンパニー     6 福永祐一 58kg       ミラクルアドマイヤ ノーザンテースト
  4 7 シルクネクサス   5 四位洋文 58kg       グラスワンダー スターリフト
  4 8 ボンネビルレコード 5 柴田善臣 58kg       アサティス マルゼンスキー
  5 9 アグネスアーク   4 吉田隼人 58kg       アグネスタキオン ベリフア
5 10 ブライトトゥモロー 5 後藤浩輝 58kg       フレンチデピュティ トニービン
6 11 シャドウゲイト   5 田中勝春 58kg       ホワイトマズル サンデーサイレンス
6 12 アドマイヤムーン  4 岩田康誠 58kg       エンドスウィープ サンデーサイレンス
  7 13 チョウサン     5 横山典弘 58kg       ダンスインザダーク サツカーボーイ
7 14 ダイワメジャー   6 安藤勝己 58kg       サンデーサイレンス ノーザンテースト
8 15 ポップロック    6 O.ペリエ  58kg       エリシオ サンデーサイレンス
  8 16 マツリダゴッホ   4 蛯名正義 58kg       サンデーサイレンス Bel Bolide

黒鈴の思い込み

ダイワメジャー

前年度王者で実績断然のサンデー産駆。秋の天皇賞ではサンデー産駆の成績が圧倒的なので、ここから入るのは定石と言えましょう。前走の毎日王冠の敗退で人気が落ちているようですが、昨年と同じタイムで走っているし、今年は斤量が+1kgだった事を加味すれば昨年より落ちているとするのは、些か早計ではないでしょうか。
外枠不利と言われる秋の天皇賞ですが、ダイワメジャーに関しては内に包まれるよりは自分のペースで行ける外枠の方がスムーズな場合も多く、昨年勝った時と同じ馬番なので枠順的な問題はないと思います。シャドウゲイトが行った後、その隣か後ろからすんなり追走ができそうなので、ダイワメジャーの全て手の内に入れているアンカツなら自分の流れを作る事ができるでしょう。6歳馬が優勝した事は過去10年でもないのですが、それは6歳まで走っている一流馬があまりいないからだと思います。
不安要素はやはり馬場。渋っても問題はないと思いますが、やはり良馬場の方が良い馬。持ち前のスピードが喰われる形は避けたいかも。

ブライトトゥモロー

今年の天皇賞は、内の馬場が荒れ、前日から降り続いた雨により馬場が渋る事になったので、必然的に直結するイメージがエプソムカップになりました。フレンチデピュティ産駆は渋った馬場でのパワー勝負に強いので、今年の天皇賞はフレンチデピュティ産駆が台頭する気がします。前走の毎日王冠では、時計勝負になった割にだいぶ頑張ったと思います。2000mの距離では連対を外した事がないし、追走が幾分楽になる今回は更なる上積みが期待できます。

ポップロック

春の時点ではとても秋の天皇賞なんかで買える馬ではなかったのですが、なんだかイメージが変わってきました。前走の京都大賞典では(打った印はともかく)来るイメージが全く無かったにも関わらず、差の無い2着。春とは明確に違う切れを身に付けていると感じました。タイプが変わってきているのは、同じタイプであったデルタブルースが京都大賞典で敗走している事からも明らかで、ポップロックは切れ味を信条とする中距離馬になってきていると思います。
そして鞍上・ペリエ。この騎手ならば、後方ままって事はないでしょう。好位かそれより前につけてレースをしてくれそうで、馬場の事も考慮に入れるとこのレース運びはプラスに働きそう。案外、今までとは違う強さを見せてくれるかもしれません。

メイショウサムソン

春の天皇賞馬。スペシャルウィークに続く春秋制覇に臨みます。雨を呼ぶオペラハウスの面目躍如か、苦手な時計勝負も回避、鞍上も強化され堂々の一番人気。皐月賞馬なので距離も問題ないし、折り合いもつくので内枠もOKだと思うのですが、どうにも秋の天皇賞馬というイメージに直結しません。今年は馬場がグチョグチョだからこの馬に合っているのだ、今年はそういう天皇賞なのだ、としても良いのですが、凱旋門賞を目標としていた馬が秋天というのは、どうにも…。なので押さえに。ブライトトゥモローとメイショウサムソンのワンツーなら、そういう天皇賞だったんだ、ってすごく納得できるんですけどねー。
気になる要素は2頭外にいるコスモバルクの存在。この馬の動向をユタカはレースのたびにすごく気にしていて、特に直線ではバルクの近くにはいないようにしているようです。それはバルクが必ずヨレるからなんですが、この枠順ではどうも終始近くで競馬をする事になりそうなんですよね。もし必要以上に嫌って後方に下げでもするようなら、サムソンの台頭はありえないものとなります。どうやって乗るつもりなのかは非常に気になるところです。

アドマイヤムーン

国際レースで活躍していたために、世界レーティングの上位に君臨する国際派。宝塚記念も制して日本での対応力も見せました。普通に考えるとこの馬が一番人気になりそうですが、実際はなっていない。それは、実は競馬ファンも、、なんか怪しいという事を察知しているからではないでしょうか。日本での実績も、実質的には宝塚記念のみ。確かに今年の宝塚記念はなかなかのメンバーが揃いましたが、あれ一発で格付けが済むとは到底思えません。
不安要素を挙げると、エンドスウィープ産駆は実は東京が合わないんじゃないかと思うのです。末脚を武器にしている馬(スウィープトウショウとか)がいましたが、東京ならもっと走れると期待された割には案外な結果に終わっています。サンデーと同じような武器を持つ割に、揃ってくる事が殆どないのがこの産駆。同じように見えても、必要とする力が違うのでしょう。となると、この府中の舞台はサンデーの力が発揮される場所であり、エンドスウィープのそれではない、という事になります。昨年3着に来ているので、成長を考慮して2着までなのではないかと思います。

シャドウゲイト

重得意な上に逃げ馬なので展開利まで見込めるシャドウゲイト。能力的にここで足りるとは思えませんが、何せ特殊な馬場になりそうなのでどこに食い込んでもおかしくはありません。休み明けの鉄砲実績も全勝というスペックを誇っているので、ここで大仕事をしてしまう可能性も多分にありそう。

エイシンデピュティ

この馬を買う理由は、上記したようにイメージがエプソムカップだから。であるにも関わらず勝ち馬のエイシンデピュティよりもブライトトゥモローを上位としたのは距離適正。ブライトトゥモローは2000m寄りですが、エイシンデピュティは1400m~1800mがベストでしょう。その分割引きしてみました。三連単の押さえくらいの評価で。

黒鈴のひとりごと

台風の影響による降雨のため、例年にない重馬場で開催されそうな今年の天皇賞・秋。こんな馬場で例年の傾向が通用するかどうかさっぱりわかりませんが、重になったから、と言ってガラリと予想傾向を変えてしまうのもどうかという話。馬場も天気も重要ですが、あくまで一要素として扱いたいと思います。明日の状況によっては印の上下は変えるとは思いますが、ベースはこれでいきたいと思います。さーて、明日は久々の指定席観戦。早めに行ってまったりしよー!
 
 
他の馬の評価。
コスモバルク。府中は得意なのだろうけど、必ずヨレるのがこの馬。能力的には良くて善戦どまりだと思う。むしろ、他の馬に与える影響の方が気になるところ。
 
デルタブルース。3000mを超えないと話にならない馬。2000mという距離は未勝利以来。どういうつもりなのだろう。調教???
 
ローゼンクロイツ。左回りは得意かもしれないけれど、平坦巧者がそれ以上。府中実績は燦々たるものなのでお客さんだと思います。
 
カンパニー。トニービンの流れを組むし脚質的にも絶対府中向きだと思ってきたのに、その府中実績は目も当てられない有様。
 
シルクネクサス。血統的には渋って面白いが、緒戦重賞未勝利。良くて掲示板どまりでしょう。
 
ボンビネルレコード。地方のダート馬。出走の意図が全く不明。
 
アグネスアーク。金曜前売りの時点では1番人気で焦った。僕も本番で面白いかもと思っていたのだけど、やはり毎日王冠がMAX仕上げだったと思うのが普通。いくらなんでも減りすぎだと思う。
 
チョウサン。毎日王冠をレコードVしたのには驚いたけど、流石に条件馬からポンポンとGⅠ馬になるのはないかと。今年の毎日王冠は、例年の安田記念に対する京王杯SCだったんじゃないかと思うのです。
 
マツリダゴッホ。ESPが炸裂しても何の問題もない大外枠だけど、気性に問題のある馬がこんな外枠でどうしろと。サンデーなので考えはしたけど、どうやって乗るのか想像できなかったので切りました。

■■■ 当レース結果へ(確定後) ■■■
競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/105

トラックバック

» ◎ダイワメジャー 天皇賞・秋(2007年)【血統フェスティバル】予想 from 【血統フェスティバル】blog
【天皇賞・秋】の予想。「出走馬」「近5年の1〜3着馬の血統」「現在の好走血統」を掲載。 [Read More]

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)