« 秋華賞 回顧 | ハロンボウ トップ | GⅠ 菊花賞 予想 »

2007年10月20日

■[GoodChoice!] 富士ステークス 予想

2007年4回東京6日( 10月 20日) 11R  15:40発走
第10回 サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス
東京 芝1600m(A)サラ系3歳上 オープン (別定)(国際)(指定)
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
  1 1 マイネルフォーグ  3 田中博康 54kg       スターオブコジーン Be My Guest
  1 2 グラスボンバー   7 勝浦正樹 56kg         Machiavellian Nureyev
  2 3 オレハマッテルゼ  7 松岡正海 58kg       サンデーサイレンス ジヤツジアンジエルーチ
2 4 マイネルシーガル  3 後藤浩輝 54kg       ゼンノエルシド サンデーサイレンス
3 5 トウショウカレッジ 5 松田大作 56kg       ラストタイクーン サクラバクシンオー
  3 6 グレイトジャーニー 6 佐藤哲三 56kg       サンデーサイレンス Mr. Prospector
4 7 エアシェイディ   6 安藤勝己 56kg       サンデーサイレンス ノーザンテースト
  4 8 カタマチボタン   3 石橋脩  52kg       ダンスインザダーク Caerleon
  5 9 アンブロワーズ   5 蛯名正義 54kg       フレンチデピュティ サンデーサイレンス
  5 10 ピカレスクコート  5 秋山真一郎 57kg       ジェイドロバリー コリムスキー
  6 11 スウィフトカレント 6 横山典弘 56kg       サンデーサイレンス Machiavellian
  6 12 フジサイレンス   7 吉田豊  56kg       フジキセキ マルゼンスキー
  7 13 コイウタ      4 吉田隼人 56kg       フジキセキ ドクターデヴィアス
  7 14 トウショウヴォイス 5 小林淳一 56kg       ラストタイクーン キンググローリアス
7 15 マイケルバローズ  6 田中勝春 56kg       タイキシャトル Royal Academy
8 16 ローレルゲレイロ  3 藤田伸二 54kg       キングヘイロー テンビー
  8 17 ミスティックエイジ 6 木幡初広 56kg       サンデーサイレンス Eastern Echo
8 18 シンボリグラン   5 柴山雄一 57kg       Grand Lodge Linamix

黒鈴の思い込み

ローレルゲレイロ

安定力を武器とする1勝馬。距離が伸びるとその安定力もガタガタになるけれど、マイル近辺ならば信頼できる。二桁着順が2回続いたので人気落ちしてますが、前々走はダービーだし前走は休み明け。真価はこのレースで発揮されると思います。

トウショウカレッジ

掲示板をあまり外した事がない、馬主的には嬉しい成績を残す馬。エプソムカップでは皆が外に振る中、内に進路を取るというファインプレーが光って5着。僅差のものなので評価していい内容だと思います。元々は末脚を武器にする馬なので長い直線はお誂え向き。若干重い芝も合うのでここは対抗評価を。

シンボリグラン

安定感は出てきたのだけど、やはりベストは1400mの馬。前走は良く粘ったと思うのですが、本番は次である事なども考慮すると、ここは単穴くらいの評価で。馬力はあるので重い馬場でも平気なのはプラス材料。

エアシェイディ

重賞レース2着5回という実績を誇る詰めの甘い馬。ファンも扱いを判ってきたようで、人気はしてるけど単勝オッズは随分と控え目になってきました。詰めの甘さは速い脚が一瞬しか使えない事によるもので、それの回避には追い出しをギリギリまでガマンしなくてはなりません。鞍上はその事は判っているので心配はないですが、それらが全て揃ったレースが東京新聞杯であり、そこでもスズカフェニックスに足元を掬われて2着でした。信頼度はそれなりに高いのですが、馬場の事も考えるとあまり積極的に買いにいけません。

マイネルシーガル

府中と言うよりは中山向きな気がしなくもないですが、NHKマイルCで推してた馬のワンツーで決まると気持ち悪いので押さえに。

マイケルバローズ

不器用なところがある馬で、広いコース向けの馬。東京や新潟で買っておけばいいという認識だったのでここも押さえに。しかし意外に乗り難しい所がある馬。ユタカが言っていたので間違いないのだけど、その難しい馬が勝春に乗り替わりで買えるかどうかという話。この点がものすごく不安です。

黒鈴のひとりごと

昨日の雨で午前中渋っていた東京競馬場ですが、今は良馬場。しかし重くなっているのは確かなようで、上位に来ている血統はタイキシャトルやエルコンなど、欧州のスタミナ血統やパワーの米国血統。サンデー系を中心とする馬は力を発揮出来ないかもしれないので、サンデー系は軽視しました。そういう理由で面白いと思っていたスウィフトカレントやミスティックエイジを切ったのだけど、どう転ぶでしょうか。ミスティックエイジは人気がガタ落ちしているのでスゴく気になるのだけど…。ちょろっと押さえてもいいかもしれません。

■■■ 当レース結果へ(確定後) ■■■
競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/96

トラックバック

» ◎マイケルバローズ 富士S(2007年)【血統フェスティバル】予想 from 【血統フェスティバル】blog
【富士S】の予想。「出走馬」「近5年の1〜3着馬の血統」「現在の好走血統」を掲載。 [Read More]

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)