« 朝日チャレンジカップ 予想 | ハロンボウ トップ | セントウルステークス 予想 »

2007年09月09日

■[GoodChoice!] 京成杯オータムハンデキャップ 予想

2007年4回中山2日( 9月 9日) 11R  15:35発走
第52回 京成杯オータムハンデキャップ
中山 芝1600m(B)サラ系3歳上 オープン (ハンデ)(国際)(特指)
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
  1 1 ヴリル       6 田中博康 55kg       Sunday Silence Mr. Prospector
1 2 キングストレイル  5 田中勝春 57kg       サンデーサイレンス ノーザンテースト
2 3 カンファーベスト  B 8 江田照男 57kg         アンバーシヤダイ シンザン
2 4 アポロノサトリ   4 中舘英二 55kg       Cozzene Dixieland Band
3 5 マイネルシーガル  3 後藤浩輝 53kg       ゼンノエルシド サンデーサイレンス
  3 6 スクールボーイ   7 小野次郎 51kg       フサイチコンコルド トウシヨウボーイ
  4 7 デンシャミチ    4 柴田善臣 53kg       サクラバクシンオー マルゼンスキー
  4 8 グレイトジャーニー 6 佐藤哲三 55kg       サンデーサイレンス Mr. Prospector
  5 9 タガノデンジャラス 5 石橋脩  55kg       エンドスウィープ デインヒル
5 10 インセンティブガイ 6 吉田隼人 56kg       エンドスウィープ サンデーサイレンス
  6 11 ダイワバンディット 6 北村宏司 55kg       Boston Harbor Mr. Prospector
  6 12 ストーミーカフェ  5 田中剛  55kg       アドマイヤベガ Rainbow Quest
  7 13 マイネルレコルト  5 蛯名正義 57kg       チーフベアハート タイテエム
  7 14 ショウナンパントル 5 吉田豊  50kg       サンデーサイレンス In The Wings
  8 15 マイケルバローズ  6 横山典弘 55kg       タイキシャトル Royal Academy
  8 16 ツルマルヨカニセ  7 村田一誠 54kg       ダンスインザダーク Lyphard

黒鈴の思い込み

アポロノサトリ

距離足らずに思われるコジーン産駆ですが、過去の陣営のコメントを見るとベストはマイルと見ている節があります。スプリンターともとれるスピードを持っているので追走は問題ないでしょう。程よい枠が引けたので、すんなり内の好位に付ける事が出来れば華麗な好位差しが決まりそう。
問題は、前走の敗因に高速決着が絡んでいるのではないかと推測した点。今回も速い決着にはなると思うので、まさにそれが原因だと非常に怪しくなります。
それにしても人気がガタ落ちしているので思い切って狙ってみるのもアリかと。この混戦でこんなに人気のない馬じゃあないでしょう。11番人気って、それは落ち過ぎじゃないか。スプリンターならセントウルSへ行けばいいのに敢えてこちらに駒を進めてきた精神を買って本命に。

キングストレイル

らしくないサンデーの一角であるキングストレイル。どうも、藤沢厩舎のSS産駆はらしくない産駆が多い気がする。スティンガーとかは牝馬はまた別ですけど。
それは置いておいて、特にこれといった武器はない馬なのだけど、中山マイルにはことのほか良績が集中しており、メンバー的にもベストの条件であると思われます。大崩れはしないだろうという観点で、対抗の位置に。

カンファーベスト

古豪の呼び名に相応しくなったアンバーシャダイ産駆。実績面から言えばナンバーワンとも言え、長期休養明けだった関屋記念でも4着と見せ場十分。ここでも有力候補となるでしょう。
前年度は関屋記念を制覇、そののち同レースで2着に敗退していますが、この2着は馬を捌くのに時間を要し、結局脚を余しての2着。前年度との単純な比較をすれば、その着順の下落から昨年の実力にはないと思われるかもしれませんが、関屋記念自体の走破タイムは0.1秒遅れただけ。斤量も据え置かれた事を考えれば、昨年と同じようなパフォーマンスは期待できると思います。

インセンティブガイ

皆が認めるMr.ムラ馬。そんなムラ馬が前走二桁着順に敗退し、そして今回得意の中山替わりとくれば、走るターンとも捉えられます。
ただ、そんな分かりやすいムラ馬でないのは昨年の結果から明らか。あまり固執せずに、でも一応の警戒の意味を込めて、押さえに。

マイネルシーガル

父は01年度、当レース優勝馬ゼンノエルシド。この馬もその特徴を引き継いでいると思います。中山マイルは得意の舞台。長めの距離で今ひとつの成績に終わった春ですが、この秋から巻き返しが期待されます。
しかし、そんなに激強の馬でもないので、この人気はちょっと出すぎなんじゃあないかと思うのです。

黒鈴のひとりごと

まだまだ残暑厳しい頃合なのにオータムと名づくこのレース。名前にダマされて夏の実績馬を軽視するとエラい目に遭うレースでもあります。イメージ的には「サマーハンデ」くらいの勢いでOKでしょう。とはいえ秋競馬開幕です。昨日はあぼんでしたが、なんとか幸先良く行きたいものです。

■■■ 当レース結果へ(確定後) ■■■
競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/58

トラックバック

» ◎はサンスポかウマニティで 京成杯AH(2007年)【血統フェスティバル】予想 from 【血統フェスティバル】blog
【京成杯AH】の予想。「出走馬」「近5年の1〜3着馬の血統」「現在の好走血統」を掲載。 [Read More]

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)