« GⅢ プロキオンステークス 回顧 | ハロンボウ トップ | GⅢ アイビスサマーダッシュ 回顧 »

2007年07月15日

■[GoodChoice!] GⅢ アイビスサマーダッシュ 予想

2007年2回新潟2日( 7月 15日) 11R  15:45発走
第7回アイビスサマーダッシュ
新潟 直線・芝1000m(A)サラ系3歳上 オープン (別定)(国際)(特指)
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
1 1 モルトグランデ   3 蛯名正義 53kg       War Chant Capote
  1 2 テイエムチュラサン 5 田嶋翔  54kg       タイキシャトル ノーザンテースト
  2 3 クーヴェルチュール 3 後藤浩輝 51kg       ブラックホーク ラツキーソブリン
2 4 シルヴァーゼット  6 津村明秀 56kg       Foxhound Krayyan
  3 5 ロイヤルキャンサー 9 替)小野次郎 56kg       サンデーサイレンス ノーザンテースト
  3 6 ダイワメンフィス  B 6 北村宏司 56kg       ウォーニング Green Desert
  4 7 プレミアムボックス 4 石橋脩  56kg       アドマイヤベガ ターゴワイス
  4 8 ゴールデンキャスト 7 小牧太  57kg       タイキシャトル Niniski
5 9 サチノスイーティー 4 吉田豊  54kg       カリスタグローリ アフリート
  5 10 スピニングノアール 6 福永祐一 56kg       スピニングワールド Forty Niner
  6 11 ギャラントアロー  7 中舘英二 57kg         リンドシェーバー ロングリート
6 12 フサイチホクトセイ 6 柴田善臣 56kg       Machiavellian Green Desert
  7 13 サンアディユ    5 村田一誠 54kg       フレンチデピュティ Caerleon
  7 14 モンローブロンド  5 川田将雅 54kg       アドマイヤベガ Machiavellian
7 15 ジョイフルハート  6 武豊   56kg       サクラバクシンオー Topsider
8 16 ナカヤマパラダイス 4 木幡初広 56kg       パラダイスクリーク Mountain Cat
  8 17 ショウナンパントル 5 田中勝春 54kg       サンデーサイレンス In The Wings
  8 18 アイルラヴァゲイン 5 吉田隼人 56kg       エルコンドルパサー Meadowlake

黒鈴の思い込み

ナカヤマパラダイス

前走は昇級戦となったCBC賞で大健闘の2着。先行していたにもかかわらず外に振られ不利を食らったんですが、そこからゴリゴリ盛り返して僅差の2着。普通、逃げや先行している馬というのは一度掴まると脆い面があるものです。先行馬が楽をしているようなペースならまだ残り目や巻き返しもあるかもしれませんが、このCBC賞は前が総崩れのレース。そこで踏ん張り返した内容は大きく評価できます。
 
新潟の直線1000mというのは、ダッシュのスピードと踏ん張り通すスタミナ(長距離をこなすスタミナではなく、厳しい状況下で堪えるスタミナ)が必要なコース。人間で言うと、200mとか400m走のような感じなんじゃないかと思ってます。そういった厳しさの面で前走のCBC賞の内容は直結すると思うし、何より普通に新潟1000mを勝っているのが適正のある証拠だと思います。このことは、ダート短距離に実績がある事にも関係があるでしょう。ダートの短距離って、スピードに加えパワーも必要ですし。
 
また、調教面でも上積みが期待される内容で、調子は前走より上向いている可能性があります。いい感じに外枠も引けましたし、ここは本命に。

サチノスイーティー

昨年度覇者。短距離では芝・ダート問わず安定した実績があり、ここでも上位には食い込む事が予想されます。渋った馬場も問題なく、マイナス材料は殆どないのが良いですね。不思議と人気もあまり出ていないので、実績や安定度とも総合して考えると、この馬を軸にするのが良いんじゃあないでしょうか。

ジョイフルハート

12戦8勝2着3回と、休みながら条件戦で荒稼ぎしてきたバクシンオー産駆。ダートの1200mを引き離して勝つパフォーマンスから、とにかくスピードとパワーには定評があるジョイフルハート。芝にも実績があり問題ない事を示しているので普通なら断然人気になりそうですが、前走ガーネットSでの大敗が不可解なためか今ひとつ人気を集めていません。それでも一番人気ですけど。
 
 そんな一番人気ですが、単勝オッズで4倍あるなら美味しいと言えます。斤量が-3kgなのも好材料。うまい事外枠も引けました。また、バクシンオーなので軽い休養明けというのも良い材料です。武騎手も、「新潟の直線競馬はあっていそう」とのコメントを、以前の武豊TV!でちらっと言っていたような気がするので、ここは買っておきたいです。勝つ時はあっさり勝ちそう。

シルヴァーゼット

OPに上がってから健闘はするものの勝ち鞍のないFoxhound産駆。元々芝を走っていたけどそこに見切りをつけダートに転身していきなり勝利。その後ダートを中心に走り健闘していましたが、そのダートでムラっぽさを匂わせてきた今日この頃でした。そこで芝を使ったところ再び芝で再起。近走では芝を使うと馬券圏内に入るというよくわからない馬です。とりあえず近走を見ると芝での好成績が目立つので、今回は狙ってみたい思います。どうも厳しい展開の方が走る傾向にあるので、千直は合っているんじゃあないでしょうか。初のOP勝ちがアイビスSDというのも、この馬らしい結果にも思えます。

モルトグランデ

3歳馬からのチョイス。ここ2年のアイビスSDは、斤量のアドバンテージが大きいせいか、3歳馬の活躍が目立っています。今年は牝馬のクーヴェルチュールとこの馬の2頭がいますが、末をキッチリとまとめられるこちらを選択しました。
 
 問題は鞍上・蛯名。1000m競馬で出遅れられたら目も当てられません。包まれる心配がないのは唯一の救いですが、スタートで差をつけられては話になりません。スタートさえまともなら良い競馬になると思います。あと、内がどれだけ荒れているかも少し気になるところ。開幕週だからそれほど差はないと予想するのだけど…。

フサイチホクトセイ

OPの壁にブチ当たった感のあるフサイチホクトセイ。脆い面があり、負ける時は二桁着順でも負ける馬。しかし、1600万を3勝しているように、OPの実力は備えていると思います。2年前になりますが、新潟千直も1番人気で完勝しているので適正はあるでしょう。十分に巻き返しもあると思います。

黒鈴のひとりごと

世間は3連休となったこの週末。ですが、季節外れの台風が日本列島を直撃して交通機関もマヒしているもよう。わははーざまーみろ!僕はいつものとおりの週末を過ごしてますw。
 
 さて、夏の風物詩となった新潟の千直重賞アイビスサマーダッシュです。直線競馬というのは一本調子と思われがちですがこれがなかなか面白く、中でも直線競馬ならではのコース取りは見ものです。傾向から言えば、普段あまり通る事の無いので馬場が良い外ラチ沿いが有利となる千直コース。しかし、今開催は開幕週という事もあり、それほど差はないのではないかと思われます。それでもラチ沿いは馬が走りやすいのでそれなりに混み合うとは思いますが。それを考慮した上で危険視されるのが大外枠を引いたアイルラヴァゲイン。馬場の良い大外枠で有利なのは確かなのですが、要するにこの位置は通常の内枠という事になるので、外から被される心配が出てきます。外目(ここでは内目かw)に速い馬が揃っているので、窮屈な競馬になりそうな気がします。オーシャンSは前有利という展開からの産物なので信用できません。厳しくもなかったし。元々あまり信用できないタイプでもありますし、人気を考えるとここはスッパリ切り捨てます。もう一頭気になるけど切った馬がいるんですが、13番のサンアディユ。競馬予想TV!で亀谷氏も推してましたが、フレンチデュピティはダート血統だけど芝もこなすのでちょっぴり気になります。三連複の相手くらいにはいいかも。

■■■ 当レース結果へ ■■■
競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/32

トラックバック

» ◎ナカヤマパラダイス アイビスサマーダッシュ(2007年)【血統フェスティバル】予想 from 【血統フェスティバル】blog
【アイビスサマーダッシュ】の予想。「出走馬」「近5年の1〜3着馬の血統」「現在の好走血統」を掲載。 [Read More]

» 【競馬予想】第7回アイビスサマーダッシュ(GIII)の印! from AUとか馬とか
・アイビスサマーダッシュ(GIII) ◎サチノスイーティー ○ナカヤマパラダイス ▲ジョイフルハート △アイルラヴァゲイン ×プレミアムボックス ×シル... [Read More]

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)