« 2007年度JRA変更点 | ハロンボウ トップ | GⅠ 宝塚記念 回顧 »

2007年06月24日

■[GoodChoice!] GⅠ 宝塚記念 予想

2007年3回阪神4日( 6月 24日) 11R  15:40発走
第48回 宝塚記念
阪神 芝2200m(A)サラ系3歳上 オープン (定量)(国際)(指定)
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
  1 1 スウィフトカレント 6 横山典弘 58kg       サンデーサイレンス Machiavellian
  1 2 ウオッカ      3 四位洋文 51kg       タニノギムレット ルション
  2 3 マイソールサウンド 8 角田晃一 58kg       タマモクロス サンデーサイレンス
  2 4 マキハタサイボーグ 5 和田竜二 58kg       メジロブライト ノーザンアンサー
3 5 ポップロック    6 武豊   58kg       エリシオ サンデーサイレンス
3 6 アドマイヤムーン  4 岩田康誠 58kg       エンドスウィープ サンデーサイレンス
4 7 カワカミプリンセス 4 武幸四郎 56kg       キングヘイロー Seattle Slew
  4 8 インティライミ   5 佐藤哲三 58kg       スペシャルウィーク ノーザンテースト
  5 9 アドマイヤフジ   5 福永祐一 58kg       アドマイヤベガ Be My Guest
  5 10 アドマイヤメイン  B 4 川田将雅 58kg       サンデーサイレンス ヘクタープロテクター
6 11 ダイワメジャー   6 安藤勝己 58kg       サンデーサイレンス ノーザンテースト
6 12 トウカイトリック  5 幸英明  58kg       エルコンドルパサー Silver Hawk
  7 13 ファストタテヤマ  8 小牧太  58kg       ダンスインザダーク ターゴワイス
  7 14 シャドウゲイト   5 田中勝春 58kg       ホワイトマズル サンデーサイレンス
  7 15 アサクサキングス  3 松岡正海 53kg       ホワイトマズル サンデーサイレンス
  8 16 コスモバルク    6 五十嵐冬樹 58kg       ザグレブ トウシヨウボーイ
8 17 メイショウサムソン 4 石橋守  58kg       オペラハウス ダンシングブレーヴ
  8 18 ローエングリン   8 後藤浩輝 58kg       Singspiel Garde Royale

黒鈴の思い込み

ダイワメジャー

GⅠ4勝の実績を引っさげてグランプリに挑むサンデー産駆。サンデーの好走があまりない宝塚記念ですが、ダイワメジャーという馬はおよそサンデーらしくないレースをする馬なので、なんら問題ないと言うか、むしろ向いています。これは前走の安田記念もサンデーが来ないレースと言われていた中で勝ちました。これがどういう事かというと、この馬はサンデーが来ないレースで来るサンデーなわけです

そんなダイワメジャーですが、サンデーらしい特長も持っており、それが使い減りする事。休み明けは仕上げ如何ですが、最大のパフォーマンスを発揮するのは2,3走目になります。まあ、この傾向はサンデーに限らず大抵の馬にも言える事なのですが、この事から何が言いたいかというと昨年の宝塚記念は4走目であったという事実です。パフォーマンスが下降し始めた中での4着。着差は開いていましたが、1着がDIなのでそう見えるだけ。よく踏ん張ったほうだと言えるかもしれません。そして今年のローテは叩き3走目。ドバイのレースと安田記念は間隔が開いているので今回が2走目としてもいいかもしれません。どちらにしても走り頃と言えるでしょう。さらに、これは安田記念の際にも言いましたが、昨年のこの時点ではまだ本格化前でした。夏を越した後、秋に本格化し躍進が始まったのがこの馬です。昨年の実績から軽視すると今年の安田記念と同じ結果になるのではないでしょうか。

メディアでは距離についての不安も聞かれますが、それは昨年の有馬記念で払拭できるはず。今回よりも更に300m長い舞台で、しかも恐らくは当初予定になかったレースに参戦(天皇賞・秋とマイルCSの連勝から参戦したと見ています。つまり、最大目標をこなした後のサービス参戦。)して、高レベルと言われた3歳勢トップ2騎を押さえ込んでの3着。ポップロックに負けていますが、当時は向こうにローテと距離の分があり、さらにペリエバリューが存在した事を考えれば、磐石のローテと距離短縮となる今回は逆転出来るでしょう。

少し気になるのが、内のアドマイヤメインと外のトウカイトリック。内のアドマイヤメインがガンガン行くのはレースがし易くなっていいのですが、外のトウカイトリックも行くとなると挟まれたりする可能性もあり、ちょっとやな感じ。それと、馬場が渋った場合はサムソンを上位にします。

メイショウサムソン

本年度天皇賞・春優勝馬。華が無いレースぶりとどの馬が相手でも僅差の決着となってしまうので圧倒的な人気を集める事のない馬ですが、普通に考えれば皐月賞、ダービー、天皇賞・春と王道のGⅠを制している馬です。メイショウサムソンでなければもっと人気が出ている気さえしてくる、見事な実績です(笑)。

さて、昨年の秋はスランプに陥っていたところもありますが、菊花賞、JC、有馬と、どれも超一流のGⅠレースであった事を考えれば、そう悲観する事もないでしょう。レースの流れにも向かない部分が多々あったので、むしろ大敗しなかった内容を評価してもいいと思います。一息入れた事で体調は良化、その後転厩という背景から負けられないレースとなった産経大阪杯は休み明けにも関わらずビッシリ行われた調教もあって結果を残しました。続く天皇賞・春も連勝し、さらに伸びているか、それでなくても十分に走れる状態であると思います。天皇賞・春は自分の流れに持ち込んで押し切った強い内容。距離も今回の方が断然良いと思われますし、外枠の発走も外を通りながら自分の仕掛けが出来るので、好走が期待できると思います。また、馬場が渋った場合は有利に働くと思うので、こちらを本命に。

不安材料は隣に入ったコスモバルクの存在。

カワカミプリンセス

降着という事態で、無敗を誇った戦歴に初めての土を付けられ、変わらぬ力を見せ付ける挽回の舞台として出たヴィクトリアマイルでは10着完敗と、歯車が狂いだしたかに見えるキングヘイロー産駆。しかしヴィクトリアマイルは急仕上げという事もありましたし、そもそもああいった瞬発力の上がり勝負にはまるっきり向いていない馬。前走は度外視してもいいと思います。

復調度合いですが、前走とは違い着実に調教をこなし順調に過ごしている模様。昨年のパフォーマンスは紛れもなく本物。今年はウオッカが牝馬のダービー馬として騒がれていますが、この馬もダービーに出ていればいい勝負をしていたと思います。ダービーを見事に勝ったウオッカは確かにスゴイですが、その素晴らしいところは挑戦した事にあるわけで、決してダービーを勝てる牝馬がいなかったわけではないと思いますね。カワカミプリンセスもダービーに通用した一頭だと思います。あの力が戻れば、牝馬と言えども侮れない一頭でしょう。

ポップロック

目黒記念を2連覇して駒を進めてきたエリシオ産駆。一級戦に混じっても遜色ないパフォーマンスを発揮出来るようになった上、前走はあまり向かない馬場での勝利。スタミナに秀でるタイプなので、厳しいレースの方が向いていると思います。過程の順調さに加えて鞍上は武豊。阪神コースの適正もあり、上位には顔を出しそうな気がします。

アドマイヤムーン

日本でのGⅠ勝ちはないが、ドバイで勲章を上げたエンドスウィープ産駆。そのドバイデューティーフリーではダイワメジャーを完封しており、その点でも侮れません。距離に些かの不安があるのが懸念材料。我慢できる範囲だとは思いますが、厳しい流れになりそうなこのレースで台頭できるか。

トウカイトリック

今年の天皇賞・春の3着馬。前走の目黒記念では3000m以下のレースではお客さんとして軽視したのにも関わらずここで買うのはちょっと変かもしれませんが、あまりの人気の無さと思い切って競馬をするという所に目を付けて印を打ちました。ここのところは差してくる競馬が多いですが、元々は前目に行って豊富なスタミナで残るタイプの馬。逃げたり前に行きそうな馬も他にいますが、消耗戦になって残るのはこの馬でしょう。

ホットシークレットという馬が宝塚記念で3着に残った事がありましたが、あの馬も逃げたり差したりしてた馬でした。あれとどうにも被って見えるのです。

黒鈴のひとりごと

フルゲートとなった宝塚記念。暮れの有馬記念のような締め括りという意味合いも薄く、中途半端な端境期にあるグランプリなのであまり豪華なメンバーが揃う事はなかった宝塚記念ですが、今年は天皇賞・春馬にマイル王、女帝に本年度ダービー馬、加えて海外GⅠ馬と豪華な布陣になりました。

その中でも世間ではウオッカに注目が集まっているようですが、僕はダイワとサムソンの一騎打ちと見ます。ダービーはタイム面からも勝ち方からも強い内容でしたが、流れとしては全く厳しくなく、それはレースのラップや上位に来た馬が前残りやマイラーだった事から判断できます。タイムも確かに速いですが、馬場改修後はタイムが速くなっている事実があるので一概に過去のダービー馬の中でもトップクラスとするのは早計でしょう。例年宝塚記念は厳しい流れになりますが、そのような厳しい流れを体験していないウオッカには酷だと思います。まあ、アッサリとこなす可能性も無きにしも非ずですが、そのときは偉大な馬の誕生を祝いますよ。
ともあれ、エルフィンSから使い始め、桜花賞、ダービーと大レースに出走しメイチの仕上げをしてきたであろう事に加え3歳牝馬という事実を鑑みれば、初の古馬戦となるここで期待するのは酷というものでしょう。
51kgという激軽設定の斤量に惹かれる部分もあると思いますが、この斤量が本当に軽いのならば、過去に3歳勢の参戦はもっと多く存在し、そして結果を残しているはず。参戦も少な連絡みもないデータ(最先着はローエングリンの3着。ダービー馬ネオユニバースは4着。)を考えれば、やはり3歳には厳しいのだと思います。

という事で、人気も集めている事だしウオッカはバッサリ切り。となると浮上するのは実績面に秀でるサムソンとメジャーの2頭です。特にこの2頭は、双方ともが激しい消耗戦で真価を発揮するタイプ。アドマイヤの為に何が何でも行くアドマイヤメインと吹っ切れたトウカイトリックの作り出す流れに加え、3角過ぎから自分でレースを作りだしていくメイショウサムソン。全体的に緩み無い、そんな流れがダイワメジャーにもピッタリと合うんですね。方や並んだら抜かせない馬と、方や並んでからが強い馬。スピードの出る最近の馬場を考慮してスピードに秀でるダイワメジャーを本命にしましたが、この2頭のマッチレースになると予想します。雨で馬場が重くなった場合はメイショウサムソンを上に見ます。

この2頭をまとめて負かす可能性があるのは、常軌を逸した強さだったウオッカか、形容し難い強さを内包しているカワカミプリンセス。


以下、残りの馬の検証。

スウィフトカレント:夏馬とはいえ、平坦ローカルがベスト。距離も長め。
マイソールサウンド:適距離不明、走りどころ不明の中、重賞を5勝もしてる馬ですが、やはり終わった感があります。ハンデ戦とか出たらまだ面白いと思うのだけど、どうしてグレードの高いレースばかり出てくるんだろう。
マキハタサイボーグ:1600万をようやく抜けた馬が通用するとは思えません。過酷な流れに適した馬の可能性も無いとは言えないが…。買っても三連単の3着穴狙いか。
インティライミ:もはやダービー2着が何かの間違いだったとしか思えない。走り時も掴みづらく、どのレースでもあまり買いたくない馬。
アドマイヤフジ:前走は福永くんが上手く乗った。それで3着なのだから、このメンバーでは厳しい。
アドマイヤメイン:ムーンのためにペースを作るだろうが、果たしてテンのスピードがあまりないこの馬にそれが出来るかどうかさえ不安。タイプ的には厳しい流れで真っ先にバテる逃げ馬なので、展開面ではキーになるだろうが買い目には全く必要なし。
ファストタテヤマ:なんかのマギレで3着だと思うので、三連単のヒモに買いたい人は買えばいいと思うw。
シャドウゲイト:前に行くのかどうかわからないけど、それも多分騎手の出たなりだと思うので考えるだけ無駄。国際GⅠ馬だけどどう見ても展開に恵まれたし、馬場が悪くなるといいと言うけどそれにしたって相当タイムが遅くならないと台頭はないと思う。
アサクサキングス:全く軽視はしていないが、逃げなくても自分のリズムで走れれば大丈夫、といった、別に行きませんよー的な微妙な弱気コメントが見られると必要なし。
コスモバルク:この馬は常に状態がいい。いつもそういうコメントです。今回もいつもどおり状態良く出走し、いつもどおり連には絡まないでしょう。他馬の邪魔だけはしないで欲しいです。
ローエングリン:短期放牧に出した模様。[3-0-1-3]という鉄砲実績が気になるが、それも所詮GⅡ、GⅢの話。

■■■ 当レース結果へ ■■■
競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)