« GⅠ 安田記念 回顧 | ハロンボウ トップ | GⅢ CBC賞 予想 »

2007年06月10日

■[GoodChoice!] GⅢ エプソムカップ 予想

2007年3回東京8日( 6月 10日) 11R  15:35発走
第24回 エプソムカップ
東京 芝1800m(C)サラ系3歳上 オープン (別定)(国際)[指定]
馬名 B 騎手 斤量 脚質 母の父
1 1 トウショウカレッジ 5 松田大作 56kg       ラストタイクーン サクラバクシンオー
1 2 エイシンデピュティ 5 田中勝春 56kg       フレンチデピュティ Woodman
  2 3 ピサノパテック   5 横山典弘 56kg       サンデーサイレンス マルゼンスキー
2 4 マイネルレコルト  5 吉田隼人 56kg       チーフベアハート タイテエム
3 5 タイガーカフェ   B 8 田中剛  56kg       サンデーサイレンス Bellotto
  3 6 インマイアイズ   6 武豊   56kg       サクラバクシンオー サンデーサイレンス
  4 7 ダンスインザモア  5 松岡正海 56kg       ダンスインザダーク リヴリア
4 8 サンバレンティン  6 佐藤哲三 56kg       スペシャルウィーク ノーザンテースト
5 9 ファイングレイン  4 柴田善臣 56kg       フジキセキ Polish Precedent
  5 10 ローマンエンパイア 8 菊沢隆徳 56kg       サクラローレル Law Society
  6 11 グラスポジション  8 御神本訓史 56kg       リアルシヤダイ リズム
6 12 デアリングハート  5 藤田伸二 56kg       サンデーサイレンス Danzig
  7 13 ホッコーソレソレー 5 蛯名正義 56kg       キングヘイロー スキャン
7 14 サイレントプライド 4 後藤浩輝 56kg       フレンチデピュティ サンデーサイレンス
  7 15 スズノマーチ    B 7 北村宏司 56kg       ティンバーカントリ サンデーサイレンス
  8 16 ソーユアフロスト  6 村田一誠 56kg       コマンダーインチー Danzig
8 17 ブライトトゥモロー 5 福永祐一 56kg       フレンチデピュティ トニービン
  8 18 フジサイレンス   7 大野拓弥 56kg       フジキセキ マルゼンスキー

黒鈴の思い込み

サイレントプライド

前走は先行して粘るところをクビ差差しきられての2着。勝ちにいっての内容なので、この手の着差は展開のアヤで起こってしまう事です。今回は先行していける脚質が魅力で、スムーズなレースが見込めます。重馬場を苦にしないのも好材料。距離も短いほうがいいと思うので、2000mだった前走より200m短くなるここは買い目でしょう。

ブライトトゥモロー

前走、新潟大賞典を勝って重賞ウイナーの仲間入りを果たしたフレンチデュピティ産駆。中団からの差しが主な戦法で、それほど後ろでなければ突っ込んでこれる距離の差しだと思います。鞍上もなにげにノッている福永騎手。さらになにげに、この馬実は左周りの勝率100%。それぞれ違う3競馬場で3勝上げているので、超左周り巧者の可能性があります。

タイガーカフェ

皐月賞で2着に来たこともある歴戦の兵ですが、しばらくいまいちな状態が続いていた馬。しかし前走エイプリルSで先行して抜け出すレースぶりは良い内容でした。ああいったレースが出来れば通用すると見ました。幸いにもいい枠に入り、すんなりと先行できる雰囲気。理想はエイシンデュピティを前に2,3番手追走です。馬場が渋ったおかげで速い上がり決着にならないのも追い風でしょう。

エイシンデュピティ

前走はオーストラリアトロフィーを逃げ切って勝利。前残りの展開利があった事は否めませんが、先行してそこそこの上がりでまとめる事の出来る能力は評価できます。早春Sでジョリーダンスを抑えている地力があれば、ここでもこのメンバーならば通用するでしょう。また、体調面で好調の波にあるのはいい材料です。

デアリングハート

昨年の同レース4着馬。適距離が短いイメージがあるせいか、去年はあまり人気を集めない中での差のない4着。今年はヴィクトリアマイルで好走しているので人気を集めていますが、それほど無様なレースにはならないでしょう。この馬も前に行ける強みがあると思います。牝馬戦とはいえ、府中の実績はメンバー中随一。

黒鈴のひとりごと

梅雨に差し掛かる時期でもあり、毎年微妙に荒れるエプソムカップ。馬場が渋るせいか、来る馬も微妙な馬というか、いかにもエプソムカップで好走しそうな馬がキッチリ好走するレースでもあります。それでいてそういう馬は得てして人気を集めないので、上手くエプソムカップっぽい馬を見つけられれば美味しい思いが待ってます。
そのエプソムカップっぽい馬ですが、最初はダンスインザモアだと思いました。けど、昨年惨敗してるんですよね。加えて脚質も追い込みで安定してしまってますし人気もそこそこあるので今回は切りました。鞍上が松岡騎手に替わってから出遅れがなくなったのは非常に良い材料なんですけどね。寧ろ蛯名が乗ってくれれば自信を持って切れたのに…w。
で、今年はサイレントプライドにしました。なんかこの馬を軽視し続けているばかりに馬券を取り損なっているケースが多いので、素直に行く事にしました。後押し材料は、新潟大賞典組の好走が多い事。後は前に行ける馬を中心に馬券を構築しました。

■■■ 当レース結果へ ■■■
競馬サー
チ.com にほんブログ村 競馬ブログへ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blackbell.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)